今なお前進 「鉄道(27069)」

新年おめでとうございます。元旦の東京は冬晴れに恵まれましたが、今年も、このブログをご覧いただいている鉄な皆さまの出撃時に、朝な夕な好天に恵まれますよう、まずはお祈りいたします。また、日頃よりお世話になってます鉄、非鉄な関係各位の皆さまにも、この1年がいい年でありますように。

恒例の年末中国ツアーから、昨夜帰ってきました。26日からいつものメンバーがハミから白銀へのツアーに出かけるのを指を加えて見送り、28日の夜便でやっと出発。この日程では、集通の前進重連イベント運転とはスケジュールが合わず、では最後の現役前進を見に行こうと、山東省充州への弾丸ツアーをkatoさん、Gontaさんと敢行してきました。

生きてました、前進型。中国の蒸機といえば、やっぱりこれですね。太いボイラに赤い動輪、骨太な動きとブラストが大地を揺るがせながら、長い貨車を牽いて走る。驀進という名にふさわしい「大陸の煙」が、わずかながらも、山東省の片隅に今なお健在でした。

済局充段。3461号機のスローガンボードには、所属を示す中国蒸機特有の4文字が、このカマが現役であることを主張するかのように、力強く踊っています。50車以上の積車を迎えに行く単機回送を300mm正面ドカンで捉えたとき、この10年の中国各地の前進たちの思い出が一気に噴出したようで、ウッと胸が詰まりそうになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

今なお現役

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

前進型、まだ現役でいたのですか?
もうすっかり過去のものになってしまっていたのかと
思っていました。
20年前、蘇家屯で初めて見た前進の感動がそのまま
蘇ってきたようです。

お世話になりました

素晴らしいです!
私も一瞬、このアングルを考えましたが、持ち合わせたレンズの長さが、持ってたはずなのに何故か足りなかったため、爆、当初の予定通り保線小屋入り広角系アングルにしました。(やっぱりこっちの方がいいなぁ)
こういう格好良いカットは、今年の課題とさせていただきます、笑
今年もまた、いろいろな所に連れてってくださいませ、宜しくお願い致します。

前進型を撮影できて感無量!

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。大晦日に中国から帰国後、紅白もそこそこに湯島天神に行ってきました。煙モードから正月モードに一挙に変身です。品川さんのおっしゃるとおり、このギャップが快感になりそうです。(笑) 年末ツアーではお世話になりました。おかげさまで、3年越しの夢が叶えられ、デフ付き中国蒸気=前進型を存分に撮影することができました。現役前進の最後の地が、もう少し残っていて欲しいものです。遅ればせながら、虜になってしまいました。

Re:今なお前進(01/01)

JZX81さん
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。貴ブログの復活運転、楽しみに拝見しています。前進が現役で貨物を牽いているのは、ここが一番長くちゃんとした列車かと思います。あとは工場からの引渡しの僅かな距離か入換用で、むしろ、今日までこうして残ってることのほうが奇跡かと思います。
Gontaさん
弾丸ツアー、お疲れさまでした。レンズは本当に残念でしたね。この場所では、保線小屋入りも魅力的なアングルでしたが、瞬間的な判断で、今や貴重なスローガンボードの文字を強調することにしました。両方撮れるといちばん良いのですが、ご承知のとおり今回はボディ1機でした(笑)今年もまた、いろいろご一緒するのを楽しみにしています。
katoさん
弾丸ツアー、お疲れさまでした2(笑)今回はお声をかけた手前、行ったら走ってなかった、というのだけが心配でした(爆)最後の現役前進の煙に間に合って、ほんとうに幸いでした。こちらも、正月モードとのギャップを思い切り味わっていますが、もう一度ぐらい、現役前進をご一緒に見に行けるといいですね。今年もまた、いろいろご一緒するのを楽しみにしています。

本年も宜しくお願いします

 わが朋友も26日から中国へ行ってました。
 前進型って、未だ走っているのですね。

 いつも品川様の行動力には感服しています。
 今年も素敵な写真を沢山見せてくださる様にお願いします。

Re:本年も宜しくお願いします(01/01)

佐倉さん
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。そして、こちらこそ、貴ブログ、そして「わが国鉄時代」の素晴らしい写真に、いつも感動させていただいています。今年も昔と今の素晴らしい記録を、拝見させてください。楽しみにしております。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR