また、雲を連れてきた

170225washikuri8009.jpg
急ぎ、銀座線の改札を出て、JR渋谷駅へ。湘南新宿ラインへの長い通路を小走りに、快速宇都宮行きに間に合いました。翌日(2/26)、道内最終運行となる「カシオペア紀行」、御召機81号機の牽引で、そろそろ尾久から上野への推回の発車時刻が近づいています。土休日スイカ利用で安くなるグリーン車を奮発して、目を瞑って、北の大地にクマオペアを追った、ここ最近の楽しかった日々に、思いを馳せます。

大宮の手前まで、けっこう夕陽の光が差していたのですが、ヒガハス場面でお天道様はほぼお隠れになり、ほのかに期待したワシクリでも、残念ながら状況は同じでした。結果、8181とカシオペア客車に赤味がわずかに反射する程度となりましたが、本州内、盛岡までの運転はこれからも何度か設定されています。ギラリ絶頂期は過ぎれど、夏に向かってどんどん北へ撮影地が広がって、蒲須坂や矢板で撮れることを楽しみに待ちましょう。

そして日曜日(2/26)、おそらく最後のクマオペアは、大岸から長和あたりは晴れ、千歳線から札幌市内は降雪に見舞われたようです。雪を跳ね上げて走る赤熊もカッコいいけれど、それじゃあ客車が見えないし……SNS上の写真を拝見して、まだまだ撮りたかったなあ、という気持ちを捨てきれずにいました。では、なぜ行かなかったのかって??、、、別のイベントに応募し、ラッキーなことに当選したのでした。詳細は、明後日のエントリーで報告したいと思います。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ナッチャウン夜明け前

170218natyaun1.jpg
ミャンマーおそらく最後のLRBE走行路線に戻ります。転車台のある小駅ナッチャウンで一夜を過ごしたLRBE編成の発車時刻は6時半、カレイミョのホテルを5時半に出発して、発車30分前に着いたとき、照明のない駅構内にはまだ夜明け前の薄明かりしかなく、豆か果物か何かをザルのような竹編みに入れて売る人の、たったひとつの灯りが印象的でした。

そうか、あたりまえのことですが、雨降らない、光線素晴らしいといって喜んでいますが、乾季イコール冬でもあります。当然、夜明けは遅くなるわけで、夏のヤンゴンでホテルの朝飯前にRBE撮ったり、バガン急行を早朝5時過ぎから撮ったりするわけにはまいりません。おいおい、片道は走行まともに撮れないのか……今はフルサイズK-1がついているとはいえ、かなり心配になってきました。

それと、もうひとつ。やっぱり、三脚持ってきたほうがよかったかも(笑) 最近は、機動性と国内線利用時のピックアップ時間節約などから、三脚レスが多いのです。でも、ISO12800で、ここまで撮れれば十分ですね。何だか、ミレーとか印象派の名画でも見ているような、ナッチャウン夜明け前。さて、あとはどれぐらい、朝日が昇ってくれるのか。。。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ふだん着あと2週間

170225shibuya1.jpg
さて、ミャンマーゲテモノ鉄はほんとうに楽しいけれど、週末通常国内鉄にも戻らねばなりません。例によって、交互運用行きます。土曜日(2/25)は所用を都内でこなしながら、ふらふらと近場鉄しておりました。ま、このバランスがないと、やっていけません(笑)まずは、くまモンラッピングが外れた銀座線01系。ふだん着に戻った平常運用はあと2週間と告知されており、はい、撮れるときに、早めに撮っておきましょう。

昼前にまずヒカリエをこなして、銀座でのアポイントを挟んで、渋谷へ銀座線に乗って戻ってきました。先日、くまモンを夜に撮って、これは昼間に撮らねば、と思っていた邪道後追い、桜田アングルです。15時過ぎになると、ご覧のように手前に影が伸びていますが、とりあえず確実に押さえておきましょう。唯一の銀座線地上区間、「パンタのない地下鉄」を象徴するシーンであります。

それにしても、熊本のくまモン電車、大変でしたね。早い復旧を願うばかりですが、続くときは続くもので、北の赤熊、しかも赤スカート先頭重連……心配された「カシオペア紀行」の道内ラストに復旧が間に合ったのは不幸中の幸いでした。その「カシ紀行」、どうやら本州区間は虹ガマではなく、8181の登板のようです。急ぎ、湘南新宿ラインで夕陽の光あろうところを目指すことにしました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

何だ、これは~~!?

170217natyaun4.jpg
夕闇迫るナッチャウン17時。カレーミョと逆のハンタワディー方から、凸型DLらしき姿が近づいてきたのですが、よく見ると、DLはDLですが、機械室部分が客室になっていて、何と窓から顔を出す人の姿があるではありませんか有馬温泉! てっきり客車列車が来ると思っていたところ、やってきたのは、このゲテモノDLのチキ工臨(笑)、なおかつチキ?には人が乗っている!

この機関車、名づけてD1B303号機。またまた落花生さまのブログを参照すると、何と、通常は客車列車の先頭に立っているとか。それもぜひ撮りたいですが(笑)、いやはや、けったいな列車が偶然、やってきてくれたものです。ところで、この列車、DLの客室といい、チキ?車といい、客扱いはしているのでしょうか、、、その場で確認しなかったのが大変残念です。

しかし、ヤンゴンから遠く離れて、同じMRの線路がつながっているとはいえ、列車の運行が途中で途絶えた終端部で、かくも素晴らしいゲテモノたちのユートピアが現出されるとは! 1週間前のワシクリ同様(笑)、柔らかい夕陽に照らされた、この2両の並びをファインダーに収めることができた幸運を、ミャンマーの鉄の神様、いや仏様に感謝しなければいけませんね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ゴムタイヤ!

170217natyaun5.jpg
いつ、LRBEが転向作業に入るのか、ガイド氏に確認してもらうと、「そろそろ始める」……ラッキー! 晴れた空の下、構内外れのターンテーブルにはしっかり乾季の日光が降り注いでいます。どこからか現れた子供たちと一緒に、LRBEとほぼ同じ速度でこちらもターンテーブルへ小走りに向かうのも、マダウ線と同じです。いいなあ、こういうの。さっき、会社からメールが来ましたが(返信はしました、核爆)、すぐにそれも忘れ、すう~と心が洗われます。

ターンテーブルに乗ったLRBE61号が真横アングルにさしかかったとき、いかついゴムタイヤが目立つのに、あらためて気づきました。LRBEのサイドビューを撮ることは今までも何度かありましたが、ここまでゴムタイヤ!!って感じにはならなかったなあ。しかしまあ、日野のボンネットトラックを改造したゴムタイヤ駆動のレールバスとは、よくぞ考えついたものです。そして、よくぞ今日まで残ってくれているものです。

やがてLRBE61号は駅構内へ戻り、編成のカレーミョ側に連結され、明朝までの10数時間を過ごします。聞けば、カレーミョ在住の乗務員も、わざわざここの駅舎に泊って、明朝また乗務して帰っていくとか。ガイド氏の通訳を交えて、あれこれ話していると、「あと30分ぐらいで、もう1本列車が来る」!  ああ、そうか、もう1往復の客車列車か、、、せっかくですから、少し待って、撮っていくことにいたしましょう。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

カレーミョからナッチャウンへ

170217natyaun6.jpg
ヤンゴンから2時間弱のフライトで、マンダレーの北西、カレーミョのローカル空港に到達しました。鉄道でいうと、キハ52撮影で昨年度々訪れたバガンの先、パコックから線路が通じていますが、現在、全線を走る定期列車の運行はない模様で、路線の終端・カレーミョから2往復の区間列車が細々と運転されているようです。そのうち、短いほうの1往復、片道22kmを走るナッチャウンまでの列車がLRBE! つい先月、マダウ線のLRBEも旧名鉄レールバスに置き換えられたいま、緬鉄な皆さんの間で、がぜん注目を浴びることとなりました。

その1往復のLRBE、マダウ線同様に昼過ぎにナッチャウンに着いたら、そのまま翌朝まで停泊するという情報でした(以上、落花生さまのブログより、ありがとうございますm(__)m)。よって、空港から車庫のあるカレーミョではなく、ナッチャウンに直行します。道すがら、翌日のロケハンのつもりでポイントを探しますが、線路と道路が平行する区間がまあそれなりにある、というのが、マダウ線と似たような印象です。え~と、今が15時だから、朝は太陽は逆側で、12時過ぎはもうちょっとこっちか……まあ、それなりに追っかけながら撮れそうではあります。

LRBEの終着、ナッチャウンの駅は本道から少し入って、木立に囲まれた一角にありました。いたあああああああ嗚呼!LRBE!……駄菓子菓子! い??? 年末にかなり塗装のくたびれた姿が伝えられていたLRBE61号が、すっかり塗り直されたキレイな姿で、先頭に立っています。まるで、デザインの似ているマダウ線の56号が転属して来たようです(笑) しかし、これはうれしいなあ。健在も健在、来た甲斐あったなあ。で、まてよ、この向きで停まっているということは、転向はまだ、、、今日これからか明朝か、いつ、コイツがターンテーブルに乗るのか、ワクワクしてきました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

日緬フラッグ編成

170217yangon1.jpg
金曜日(2/17)、お休みをいただいて、週末のミャンマーに行ってきました。最も過ごしやすいと言われる冬の乾季は、初めての訪問です。雨は降らない、雲は少ない、天気はほとんど晴れという、撮り鉄には理想的なシーズン、行ってみるとまさにその通りでした。クマオペアはもういいよ(笑)……というのは半分冗談にしても、お天道様のおかげで、たくさんの桜田カット、斜光線カットを撮らせていただきました。日が短い、というデメリットを凌駕する、素晴らしい光線状態が続きました。

今回は羽田からTG便、バンコク経由でヤンゴンへ。着後、国内線乗り継ぎの合間を縫って、まずはヤンゴン環状線で小一時間の撮影を敢行しました。空港至近の駅に早速現れたのは、JR東からのキハ40系列、それも日緬フラッグのステッカーが貼られた編成でした。ヤンゴン環状線のRBE(日本からのDC)に、広告ラッピングが施された車両があっという間に増殖した中にあって、2編成ある日緬フラッグ車は、JR東北気動車色を残しており、いちばんの「ネタ車」といえる存在のようです。

それにしても、貫通扉が閉まっていたのはラッキーでした。もちろん、桜田狙って、邪道後追い(爆) 光線が素晴らしい代わりに、この季節のRBEは、ほとんど貫通扉が開いています。たまに閉まってくるのは、こうして最後尾がほとんどです。おそらく、出区時は閉まっていて、すぐ開いてしまう最前部と違って、そのままということもある、そんな感じではないでしょうか。そして、たまたまやってきたこの編成、貫通扉にフラッグのあるほうだった、という幸運に気づくには、ちょっと時間がかかったのでした。


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

くまモンと渋谷へ 2

170215shibuya1.jpg
で、夜のくまモンに続いて、昼のくまモン、撮ってきました。場所はもうここしかない(笑)、東急地上渋谷駅の最末期に忽然と現れた有名撮影地です。この場所、何の後ろめたいこともないのですが、平日昼下がり、時おり通り過ぎるのは、上品そうな女性ばかりで、、、ま、こちらも仕事中のスーツ鉄です。別に恥ずかしい服ではない。場違いなのは、デカいレンズのカメラ持ってることだけ(爆)

やっぱり、工事現場然とした画面になるなあ、と思いましたが、何とかデカいほうのクレーンをかわして、109や東急本店へ続く街並みを何とか入れ込みます。フェンス越しにJRの電車が顔を覗かせてくれたのも、ラッキーでした。やがて、気がついてみたら、銀座線も、JRの駅もすっかり変わってしまって、この有名撮影地も、何年か後には、用をなさなくなっているのかもしれませんね。

そういえば、渋谷の道玄坂を上っていくと、熊本料理の居酒屋があって、震災直後に応援イベントに行って以来、すっかり気に入って、何度か飲みに行きました。目黒の熊本出身の美人ママの店は、このまえは予約がとれなくて、残念だったなあ。なんてふうに、夜の巷に思いを馳せていると、久しぶりに熊本に行って、上熊本支線の01系くまモン撮ってから、飲みたくなりました。





テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

クマオペア挽歌

170212shimamatsu-kitahirosh.jpg
8009レ追跡の最後は、ここのところ、光線優先で札幌市内ばかりへ行っていたので、千歳線内でのカットを押さえたくなりました。輪厚スマートインターのおかげで、恵庭インター利用時よりはかなり時間短縮、有名アップダウンポイントには間に合いそうにありませんでしたが、その先の踏切に何とか間に合いました。先客お一人とご一緒に、雑談しながらのわずかな待ち時間、ここでもしっかりと日差しが出ています。

ほんとうは思い出のアップダウンで撮りたかったけれど、なかなかどうして、こちらのポイントも、背景の木々と線路面の雪がいいバランスです。光線はほぼ逆光ですが、雪の照り返し、いわゆる雪レフが、やや暗い空の下に列車を浮かび上がらせて、悪くない1枚となりました。それにしても、シャッターを切って数秒で、背後からは近郊電車が……ああ、ほんと、カブらなくてよかったなあ(笑)

そして、明日(2/19)、来週(2/26)と、ラスト2回のクマオペアは、別の出撃のため(大○核爆)、出撃捕獲が叶いません。はるか昔のDF50やDD54以来、二度と見られるとは思っていなかった(除く・ななつ星、笑)、箱型DLの牽く客車列車を、去年の夏、今年の冬と、ほんとうに楽しませていただきました。苦境が続く北の鉄路ですが、再び、レッドクマーが客車列車の先頭に立つ日のあらんことを、切に祈りたいと思います。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

思わず、カツカツ

170212shiraoi-shadai8009.jpg
翌朝(2/12)、朝イチの青987便で、三たび、冬のクマオペア捕獲のため、千歳へ向かいました。予報は曇りと小雪の間を行ったり来たりしていましたが、どうやらこの後の2度の週末にこちらには出撃できそうになく、ならばもう一度、電化区間の曇りアングルをこなして、お別れにいたしましょう。それが、千歳に着陸する段になって驚いたのは、バリ晴れとはいきませんが、何と、日が差していたのでした。おお、これはもしかしたら晴れカットが……?!

社台ファーム近くの踏切には、ほぼ10年ぶりの再訪でした。前週の富浦同様、追っかけ含めて数名と予想していたのですが、何と、8009レ通過まで誰も現れず、、、増えた増えた、どこ行っても人ばかりといわれる昨今でも、こんなこともあるのだなあ、と思ったところで、あ、そうか、線間の工事部材、青いネットを皆さん嫌っているのだな、と妙に納得しました(爆)

で、晴れるとなると、電化区間では架線や架線柱の影落ちが、どのコマに発生するかが問題となります。この赤熊、けっこう窓が大きいので、影落ちの影響が他より大きいのですね。連写はしているのですが、何せ秒間4.5コマ、最も影のないカットを選んだら、ラストのカツカツになりました。駄菓子菓子! こうしてみると、カツカツもいいものですね。再び、鉄もいくつになっても、しなやかに、アグレッシブにいきましょう。いいではありませんか、カツカツ!





テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

一人たぬき、のはずが。。。

170211washikuri8009.jpg
くまモンの乱入がありましたが、土曜日(2/11)の近場鉄・夕方編、「カシオペア紀行」またまたギラリならず!に戻ります。朝のニゲザンク甲種から一度帰宅、家事をこなした後、ヒガハスより日没直前の好天が見込めそうなワシクリへ。1時間前に現地に着いた頃は100パーセントの光量の夕陽でしたが、露払いのタキ貨物が来るころから徐々に曇ってきて、結果、ご覧のように、ほんの少し、赤みを帯びて鈍く光るだけ、となりました。

で、Gさんに久喜まで送っていただき、湘南新宿ラインに乗ったところでは、そのまま帰るつもりだったのですよ。それが、魔が差して赤羽で下車、京浜東北で東十条、そう、一人たぬきでちょっと飲んで帰ろうという算段でした。まさか、鉄宴会はやってないよなあ、と扉を開けると、真正面にY下さんの笑顔が……見えない背中がY野さんであることは、見なくてもわかります、核爆。

しかし、大学の同級生で、同じように鉄やり続けて、一緒に飲み続けてるなんて、ほんと、可笑しいよなあ。久しぶりに、お二方のボケとツッコミ、ならぬツッコミ2ヴァージョンの掛け合いを楽しませていただきました。皆、埼京線で帰ろうと、十条駅までのほろ酔い歩き。バカな話がほとんどだけど、今夜はしみじみした話もしたなあ。オヤジ鉄三人でそうしている間も、「カシオペア」は、ひたすら北へ向かっていたのです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

くまモンと渋谷へ

170213shibuya2.jpg
浅草で改札を出て、魔窟地下街で一杯やっていこうかとも思ったのですが、そのまま折り返して、くまモンの先行電車で渋谷へ向かいました。この日(2/13)のくまモンこと01-130F編成は、このあと渋谷から上野行きとなって入庫する早上がりの運用、ならば、目にする機会の少ない上野行き表示で1枚撮って帰りましょう。

東急東横線渋谷駅の地下化から、まもなく4年になります。10年以上に及ぶ渋谷駅周辺の再開発工事は、鉄道では銀座線が今、最も波をかぶっているようです。夜空へ高く伸びるクレーンの下、ちょっと肩身を狭くしながらヒカリエの下から顔を出したくまモンが、一度、待機線に引っこんでから上野行きとなって再登場、得意の邪道後追いで(笑)、まずまずの決め打ちとなりました。

熊本では、青ガエルを追いやった01系の1編成が、都営三田線6000系に続いて、くまモンラッピングとなり、活躍しています。ラッピング電車なんて邪道も邪道とお嘆きのあなた、撮れとまではいいませんから(爆)、銀座線にお出かけの節はぜひ見る鉄してみてください。鉄も、いくつになっても、しなやかに、アグレッシブにいきましょう。くまモン、いいではありませんか!

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ラストはくまモン、核爆

170213tawaramachi.jpg
さて、40年の時間をワープして、国鉄、もといJR上野駅の改札を出て、営団、もとい東京メトロ銀座線のホームに移動、浅草行きの01系に乗車いたしましょう。いにしえの銀座線名物「瞬間停電」はつい最近、1000系レトロ仕様車にレプリカが復活しましたが、瞬間停電のない新型として90年代にデビューした01系に、いよいよカウントダウンが始まりました。で、その最後の1編成が、くまモン、核爆すぎます。

その、くまモンラッピングと、いかにも銀座線らしいリベットごつごつな柱を組み合わせた写真が、パワーランドで今日この頃な鉄人ブログに出ていて、大変感銘を受けました。さすが、ニッポンのゆるキャラナンバーワン、くまモンです。クレヨンしんちゃんとは、格が違います。リニューアル工事の続く古き銀座線の雰囲気を、ちゃっかり吹き飛ばすユルさです。昨日(2/13)、帰り道に早速、マネ鉄させていただきました。

しかし、その一方で、ラストがコレっていうのもないよなあ、と思っていたら、くまモン仕様は24日までで、その後はラッピングを解除してのラストラン期間となるようです。数年前なら、APSCで無理やり撮ってもなあ……というところですが、今はフルサイズ、6400でも12800でもかかってこい!です。闇夜の東京に笑うくまモンと、はたまたそのラッピング解除後も、両方撮りたいものでは有馬温泉、大○核爆。






テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ああ上野駅 1975

C575-tokyoueno7520031[1]
1975年4月某日、たしか(忘れてる、笑)昼下がりの上野駅に入ってきたEF8025号機、いきます。この写真、スキャンしたの自体が10数年前、元はネガカラーですから、こんなにザラザラの画像でも、もう今では褪色して得られないかもしれないですね。それにしても、ホームで語り合う和服のご婦人、まだこの時代は街角にこういう女性がけっこういましたねえ。。。

そして、この頃はまだ、上野駅にもまだたくさんの鈍行客車が入線していたのでしょうね。後ろの客車は青いのが、うっすらとわかります。「ひばり」「みちのく」「とき」「あさま」……次々に発車していく電車特急の合間を縫うように入線した、関西ではまったく見たことのない、ローズピンクの交直両用電機に、物珍しげにシャッターを切ったことを、ぼんやりと思い出します。

もうひとつ、ぼんやりとした記憶では、地下ホームには気動車急行の姿もあって、「こっちのほうが、珍しいのが入ってくるのかなあ」と根拠なく思いました(笑)そして2017年早春、地上ホームが上野東京ラインになったいま、やっぱりこっちのほうが、「カシオペア」を筆頭に、珍しいのが入ってきています(爆)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ニゲザンク往還

170211fujisawa-ofuna8860.jpg
東武の南栗橋ではC11の構内試運転が続いているようですが、その東武蒸気列車用の12・14系甲種回送の記憶も新しい「ニゲザンク」こと、EF652139号機の甲種運用への充当が連続して行われています。土曜日(2/11)朝は、メトロ千代田線16000系10両の先頭に立って東上、熱海から横浜羽沢まで、朝日を浴びて万雷の拍手の中を通過していきました。

前日の近畿圏ツイッター目撃で、牽引機が2139であることを知るや、ほんとうは真鶴あたりまでお迎えに行きたかったところですが、すでに前夜の酒量が早起き限界ラインを越えていて断念、大船か戸塚あたりで、ゆっくり迎え撃つことにしました。で、やってきました、数年ぶりの鎌倉街道踏切、1時間前では先客の脇の下から抜くのがやっと(爆)

それにしても、こちらから話しかけてみると、最近の若者鉄も、みんな感じがいいですね。いつものことながら、ここでもやはり最年長(笑) 時おり、若者どうしの善意のすれ違いの交通整理をしながら待つ小一時間、なかなか悪くなかったです。そして、何とかSVOにカブられずにやってきたニゲザンクのメトロ甲種、ナンバーが半ガングロの中に綺麗に光ってくれて、見知らぬ若者たちと、ささやかな勝利をわかち合ったのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ああ上野駅 2017

170209ueno2.jpg
時系列あちこち行ったり来たりですが、2/8上野発、盛岡までの「カシオペア紀行・冬のごほうび」号は下り片道のみで、翌日(2/9)昼間に回送で上野に帰ってきました。当初は郡山あたりへの出撃も考えたのですが、悪化した予報にしたがって断念、まあ夕方の上野到着時に適当にスナップするかと、一応、カバンにカメラと標準ズームを入れて出社しました。

昼休みに、本日の焼き魚定食を頬張りながら、はたと気がつきました。そうか、ヘッドマークなしの8181が先頭で上野に戻ってくるのだな。ならば、上野の地下ホームで、いかにも上野らしい、昔と同じような雰囲気が撮れるのではないか、、、思い出すのは、40数年前の大学入学当時、地下ホームに入ってきたEF80の常磐線客車列車です。カマが同じ、ということならば、30数年前のつくば科学万博の御召訓練。。。

モノクロに変換してしまえば、思いっきり昔っぽくなるのでしょうが、2017年の記録として、四季島ホーム工事?として白いフェンスが写っているのも、そのままにしておきましょう。忘れじの上野13番、8181はEF80から変わったばかりの新鋭か、はたまた御召訓練の真っ最中か。そういえば、荷物や新聞輸送の台車も、いつのまにか姿を消してしまったなあ。行き止まりホームの終端に、真正面のアングルを狙う鉄が群がるシーンだけが、変わらず今も続いているのですね。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

苗穂ストレート

170205naebo2.jpg
で、先週の赤スカート、もう1カット撮影できました。札幌市内の有名ポイント、人呼んで「苗穂ストレート」へ、当方、初めてのお目見えです。先ほどの富浦で「あそこは許容人数少ないんですよね」と伺っており、到着予想時刻は通過10分前、言ってみれば、ダメもとでの撮影地選択でした。結果、このアングルがやっと、なおかつトリミング修正(核爆)

しかし、線路面の雪は札幌市内がいちばん多いというのも、渡道鉄にはどこか違和感ありますね。そういえば40年前の春休みも、沼ノ端も白老も雪がなかったのに、苗穂機関区では、すっかり雪景色の中でシゴナナを撮ったのを思い出します。その苗穂機関区、わずかに残っていた扇形庫も、ついに解体されてしまったようです。そのうち行こう行こうと思いつつ、公開日のシロク二も行ってないなあ。わずかな待ち時間、背後の「苗穂」にさまざまに心が動きます。

終着札幌まで、あと数分。五稜郭からの長旅を駆け抜けてきた赤熊にも、安堵の表情がうかがえます。札幌市内といえば、苗穂ストレートをこなしたら、次は菊水カーブか……さらには詳細不明のビル俯瞰も魅力的で、あとわずかの機会では全部履修できそうにないのが、ほんとうに残念な今日この頃です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

8181、晴れないなあ

170208higahasu8009.jpg
週末にあと3回、札幌まで運転される「カシオペア紀行」ですが、昨日(2/8)上野発、盛岡までの片道で「冬のごほうび」号がEF8181号機の牽引で運転されました。土曜日(2/4)にすでにヒガハスのギラリシーズンが始まっており、予報は夕方まで晴れ、ましてや先頭は8181、これはまたとないチャンス、と勇躍、上野東京ラインで蓮田へ向かいました。はい、他にも私的な所用があり、お休みをとっての出撃です。念のため(笑)

駄菓子菓子! 通過30分ほど前から、夕陽の行く手に雲が出現、徐々に光量が少なくなり、ご覧のように、ギラリならず、撃沈しました。しかし、8181の登板日は、なかなか晴れませんね。返却回送の今日(2/9)もドン曇りのち雨または雪、あと3度の週末に、もう一度チャンスがあればいいのですが、確率的に難しいところですなあ。。。

そして、富浦では飛び立たなかった鳥が、なぜかここでは一斉に飛び立ち、こうして小さな斑点をこんなにたくさん作ってくれました。あとで、SNSで見ると、ヒガハスに続いてワシクリも、サイドライトの美しい季節に入ったようです。今週末の予報は今のところ曇りときどき晴れ、室蘭と久喜の予報と睨めっこする日々が続きます。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

架線下桜田、再び

170205tomiura-noboribetsu80.jpg
10年後の室蘭本線、先週日曜(2/5)の赤スカ・クマオペアに戻ります。快晴の空の下、気温が上がってきたこともあって、道央道に凍結区間はほとんどなく、順調に登別東インターに到達、1週間前とは進路を逆に、富浦を目指しました。幸い、ゲリラ雲もまったく見られず、望遠正面ドカーンにするかちょっと迷いましたが、貴重な架線下桜田です。結局は、オーソドックスな中望遠アングルを選択しました。

電車鉄で来られた先客の方々の間に、追っかけ数人が加わるというのが、このポイントの常で、なぜかここではいつも、短い時間ながら、和気あいあいと話が弾みます。いやあ、今日はこの光線で撮れればもう十分ですよね、もう1回となるとどちらへ? 札幌市内か千歳線、あの駅もいいけど、インターから遠いのかな、、、こういう知らず知らずどうしの会話が、この時代にこうしてできるところが、嬉しいではありませんか有馬温泉!

ここって、カラスがよく飛んで、画面に写っちゃうんですよね、とどなたかが仰るや否や、ほんとうにカラスが飛び始めました。聞けば、海産物工場が線路際にあるからだとか。なるほど、「浦」とか「岸」とか「浜」とか、駅名に海の沿岸であることをはっきり謳った噴火湾沿いを撮り歩いているのだから、仕方ありませんね。 やっぱり昨夜、居酒屋行けばよかったなあ(笑) そしてクマオペア通過時にカラスの姿はなく、こうして架線下桜田、古豪の風格を写し止めることができたのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

レッドクマー、10年前

070901kitafunaokaDF2001.jpg
ほろ酔いで帰宅して、何とかPCを立ち上げた深夜0時30分過ぎ、赤熊赤スカートの思い出写真、いってみましょう。それにしても我が身の整理能力のなさよ、大阪の畏友ひくまさんなら、エクセルファイルで目当ての写真が一発で出てくるところが、こちらはそういうことがまったくできておりません。10数分の格闘の末、やっと10年前のレッドクマー、トップナンバーが出てきました。

思えばあの頃は、「はまなす」DD51区間の朝の疾走を狙って、週末の千歳行きを繰り返したものでした。あと、ついでに、千歳市内の●Aさんの団体も来る寿司屋(爆) で、寝台特急はすべてDD51重連で、合間にはまだDD51単機牽引の貨物が走っていました。道南の各地を、撮影の合間には温泉やB級グルメを訪ねながら巡った日々、楽しかったなあ。日暮れどきに北舟岡あたりで上り寝台特急を待っていると、こうして、夕陽に照らされた赤熊の貨物がやって来ました。

いまだにあまり興味の持てない金太郎や桃太郎と違って、往年のDF50やDD54に通じるイメージもあったのか、たまたまやってきたDF200には、けっこうちゃんとシャッターを押しています。いやあ、撮っておいてよかったなあ。DF200総体の落日がいつになるか、それはまだ先のことでしょう。駄菓子菓子! 降ってわいたような「カシオペア」運用に終末が迫る今日この頃、レッドクマーの来し方行く末に、ほろ酔い気分で思いを馳せています。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

非電化桜田、あ、赤スカ!

170205rebun-ogishi8009.jpg
土曜17時。3つの天気予報のうちの2つが、翌日曜(2/5)午前の道南に晴れ予報を示しました。あと一つの予報だけが朝の3時間のみ曇りマークを出していますが、、、え~い、行ってしまえ(笑)、スクランブル突撃決断、19時羽田発青便で千歳へ向かいました。レンタカーに乗り継いで2230東室蘭のホテル入り、大浴場のあるホテルだったこともあって、珍しく居酒屋なしで早めに就寝しました。

翌朝0630に出発、豊浦までの道央道で、左後方に朝日のしっかりした光量を感じながら、いつものように、いや、まだまだ、いつゲリラ雲が……と気を引き締めます。気を引き締めたところで、どうにもならないのでありますが(爆) 8009レ通過1時間半前、大岸進入付近に到着、先客の方々の肩越しにファインダーを確保したら、あとは晴れよ続け、どうぞこのまま丸山圭子♪

しかし、まさか赤スカートが来るとはなあ。そして、4号機のその赤スカートには、歴戦の勇士の勲章のように、塗装の剥がれが目立っています。考えてみれば、DF200製造開始から25年、赤熊はもう四半世紀、北海道の大地を走り続けてきたのですね。その労苦をいたわるような、2週連続の晴天走行です。とりあえず、懸案の非電化桜田ゲット、隣り合わせた鉄な方の「無理しないで追っかけてくださいよ」と優しい声に送られて、豊浦インターから追跡に入りました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

赤熊の赤スカート

070708shimamatsu-kitahirosh.jpg
いやはや、2007年7月ですから、もう10年近く前のこの写真、すでにデジタルの時代に入っているのですが、画素数や解像度の関係か、思いっきり昔の写真にみえますね(笑) 銀塩のポジやネガの色落ちとどこか共通するような……いやしかし、自分の鉄写真がデジタルに転換してから、もうそんなに時間が経ったのか、と、あらためて驚きます。

閑話休題。レッドベアーDF200には試作車が1両、そして初期型が10数両あることは、一応、知ってはいました。駄菓子菓子! 文化系鉄の哀しさ、形態的にどう違うのかは、何を隠そう、昨日、検索して初めて知りました。ま、昔から同じです。RP誌の形態分析は難しくてよくわからない、RF誌の特集の文章にはやっとついていけて、ほう、そうかそうかと頷くのが関の山でした。

で、赤熊初期車の大きな特徴が、この赤スカートです。一応、確認すると、50番台以降の量産車はすべてグレー。この写真を撮った当時は、だからどうなんだ(笑)、まったくその違いに気がつきませんでしたが、実は、今日(2/5)に至るまで、赤スカートの初期車が「カシオペア」運用に入ったことはなかったのですね。はい、入りました、4号機。いやあ、よかったなあ。赤熊、すでに古豪の風格あり! よく晴れた今日のカシオペア街道、思わず素晴らしいシーンが続いたのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

春の足音

161103himemiya1.jpg
いよいよ、日比谷線03系の廃車回送が始まりました。昨年末のクリスマスに新型車のイベント運転があったものの、日頃の通勤でその姿を見ることもまだなかったので、世代交代の実感がありませんでしたが、いよいよ……という感じです。そして、銀座線01系のラストランもすでにアナウンスされ、東京メトロの主力車の代替わりが、この春、一気に進む印象です。

遠くミャンマーからは、マダウ線LRBEの置き換えニュースが、旧名鉄レールバスの沿線写真をもって、はっきりと伝えられてきました。旧名鉄RBE、まあ、これはこれでなかなか魅力的なのですが、ヤンゴン近郊のLRBEは消滅といっていいのかも。ただ、予備車的存在だった7号がヤンゴンへ回送されたなどと聞くと、さらに新たな展開があるのか、気になります。

そして、明日の道南の天気予報、前日昼の段階でまだまだ微妙です(笑) まだ2月に入ったばかりとはいえ、毎年のことながら、春のダイヤ改正や置換が近づくと、季節も徐々に春めいてきます。ちらほらと改正での動きを聞くと、久しぶりに、貨物ガマとかも行ってみたくなるなあ。好天の今日の土曜日、休養に充てたのは、ちょっと勿体なかったようで(爆)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ガングロ雪レフ

170129shiroishi8009.jpg
幸い、道央道は一部区間で強風による速度規制があったものの、路面はほとんど乾いていて、クマオペア8009レに先行して、札幌市内に到達しました。コインパーキングにクルマを入れて、入場券を買って、小走りに駅先端へ。先客数名の間に入れていただいたところで、昨年夏とまったくビル影の位置や面積が違うことに気づきました。

ま、レンズを替えれば、何とかなりそうです。光線の向きは完璧なガングロですが、雪レフが銀色の客車をキラキラと反射させてくれれば、それほど気にならないのでは、、、ましてや、千歳線内の完全逆光よりはましなはず、という目論見です。お天道様も予報通り、雪燦々と照らしていただいています。ああ、無理やり来てよかった!

そして、「日曜午前・道南晴れ」、クマオペア4回の運転、自分にとっては3回の日曜に、その確率やいかに? せめて一度は、かなり確実な晴れを狙って、非電化区間を履修したいものです。まずは今週末、すでにコロコロと変わりはじめた、3つの天気予報をチェックし続ける今日この頃です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR