天王寺解脱セズ 2

161126tennoji6.jpg
ムトーさんことHK610編成が日根野に向かった後、続けて、低運と高運の103系体質改善車が、天王寺の行き止まりホームに入ってきました。低運ムトーさんを見送った段階で、心はもう新幹線車中のビールに飛んでいたのですが、このカットも一度はぜひ、と切望していた「天王寺7・8番並び」です。三枚窓ではないのが残念ですが、ここはしっかり記録いたしましょう。

USJを要とする観光インバウンド需要が底をついてしまったのか、大阪市内各所の喧騒も、一時ほどではなくなったような気がします。しかし、相変わらず、ホテルはとれないのかなあ、、、この並びを押さえてしまえば、次はムトーさんにご登場いただいて、3枚窓込みの並びといきたいものです。ああ、キリあらへんでええええ(大●核爆)

17時半、次回を期して、そろそろ切り上げて、地下鉄御堂筋線で新大阪に向かいましょう。新大阪まで行ってしまうと、意外にJRCP以外の弁当は揃いません。天王寺周辺のデパ地下で、大阪らしい寿司屋や料理屋の折詰でもないものか、、、やっと見つけた道頓堀今井の弁当、これなら確かに関西の味だわい、と小さな満足のうちに、帰りののぞみに、乗り込んだのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

天王寺解脱、のはずが、、、

161126tennoji4.jpg
丹波橋に戻って、京阪電車で京橋まで移動しました。途中、橋本で下車、某犬悔いブログに出ていた旧遊郭の洋食屋、いやあ、最高でした。大正時代のままやないけえええ、ハンバーグにオムライス完食、食べ過ぎやないけええ、でも、また行こ(大○核爆) 晴れが続けばガイコツを1枚、と思いましたが、あえなく空はドン曇り、ならばまたまた天王寺へ(笑)

何とかこの天王寺らしいアングルで、103系前面3枚窓車を押さえたい。コケの一念で、待つこと3本目、今回ついに買い食いしたヒロタのシュークリームの2個目を食べ終わる頃に、ついに、天王寺方3枚窓車がやってきました。発表できない乗客一杯降りてきたシーンを夢中で撮った後、ガランとしたホームにたたずむ昭和の電車をスナップして、ああ、解脱であります。

そして、この段階では阪和線シロートのゆえ知らなかったのですが、実はこの編成、阪和線生え抜き、体質改善いっさいなし、つまり両端が低運三枚窓車という、ムトーさんこと、HK610編成だったのです。なおかつ、この日(11/26)から、阪和線103系最後の日々を飾るために(?)3か月ぶりに運用復帰したという、凄いネタを偶然拾ったというわけでした。う~ん、解脱と思いきや、今度はムトーさんを桜田で、、、これまた犬悔いに出ていた南田辺の名店は、次回にとっておくことにしました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

45年ぶりの奈良線撮影

161126momoyama-fujimori1.jpg
しかし、サンダーバード、混んでいたなあ。武生から京都まで、結局、立ち席。東京から見るとメルクマールな金沢までの北陸新幹線開業ですが、お昼前に福井から大阪へ向かう在来特急の健在ぶり、関西人としては、喜ばしい限りではあります。で、京都駅で近鉄に乗り換えて丹波橋へ。お昼前後順光、お手軽ポイントを目指しましょう。

思えば1971年、45年前になります。時あたかも奈良線C58の貨物荷物のDL化寸前、そういえば、藤森なんて駅はまだない時代、この長い駅間をあてもなく歩いた記憶があります。最後の数か月だけ、宇治までの小運用が逆向き牽引になって、高校生のガキ鉄にはアングルを再考するのがきわめて難しかったことを、いま、懐かしく思い出します。

で、2016年晩秋。グリーンの103系を桜田順光でキメるには、あとわずか数時間前がよかったようです。有名ポイントの先客の皆さんの肩ごしにアングルを決めさせていただきましたが、よく会話に耳を凝らすと、関東からの遠征組(笑) このあたりでシゴハチを撮ったアラカン鉄としては、何とも複雑な気持ちで、後追いのシャッターを切ったのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

レトラム快走

161126sanjuhassya.jpg
金曜夜、米原停車の「ひかり」から「しらさぎ」に乗り継いで、福井へ向かいました。先日、引退がリリースされた610型の桜田写真を何とか撮りたい、その思いたち難く、イチかバチかの福井入り。結果、外しました(爆) 天気、予報通りの午前中バリ晴れ、市役所前にほど近いホテルから出撃し、夜明け前から待ち構えたものの、晴れるにしたがい(笑)この日(11/26)は運用に入っていないことが判明、、、

せっかくですからレトラム、撮って帰りましょう。運用開始当初は不調が多かったレトラムも、すっかり福井の風土に馴染んで、週末ごとに快走しているのは、喜ばしい限りです。610型が来たら、と準備していた桜田構図を、そのまま後追いで使いましょう(笑) そういえば、ドイツの路面電車には、なかなかスノーシェッドはないだろうなあ。無理を承知で、一度は雪景色を見てみたいような気がします。

外国の路面電車と言えば、オスロからやってきた高知の金魚電車が、スバラヤしい塗装に変更されていますね。あれ、かなり魅力的ですなあ。イベント運転、近々ないのかなあ、、、閑話休題、せっかくの好天をレトラムと一日を過ごしてもよかったのですが、武生~京都は「サンダーバード」で1時間少し、やはり西の103系が気になります(笑) まずは京都から、奈良線へ転戦することにいたしました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

幕車の終焉~700系

161116hamamatsu700.jpg
空の修行が一段落して、新幹線で出かけることが多くなりました。もちろんヒコーキもいいんですが、新幹線は寝ていけるからいいですね。それに、帰りはビールにつまみを買い込んで、ひとり乾杯いえ~い、じっくりできるのもいい。かくいう今日も、新大阪から品川まで、じっくりやってきました(笑)

東海道新幹線では、1枚、撮っておきたいカットがありました。置換えが進む700系、よく観察すると全部そうじゃないんですが、いわゆる「幕車」。新幹線の場合、前面はありませんから、この場合、サイドの愛称種別と行先表示になります。どうやら、東海車が幕車で、西車がLEDのようです。先日(11/16)、浜松から大阪への移動の際、ちょうど入線してきた「こだま」が幕車だったので、大急ぎでカメラを出して、スナップしました。

そういえば、ガキの頃、ノートの端っこに「ひかり 新大阪」とか、この表示部分をキレイに書けるよう、何度も何度も練習しませんでしたか? もともと幕車だった車両もLED改造がどんどん進んだ昨今、両端部以外に充電設備がなくて不便ですが(笑)、700系の表示幕は、古き時代からのシンカンセンの匂いを、ほんのりと今に伝えてくれてるようです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

秋は往く

161105tsuwano2.jpg
今度の週末で11月も終わり。今年はなかなか紅葉、黄葉といった秋らしい写真を撮れませんでした。飯山線の試運転の後半に行ければよかったんですが、それも叶わず、ああ、天気もあまり良くなかったみたいだなあ、と、真っ黒やまぐちの津和野でのスナップをセレクトして、納得することにいたしましょう。

来年のやまぐちは、9月に予定されている旧客風新造客車のデビュー、「平成29年度以降」とアナウンスされているD51200号機の投入と、大きな変化の時を迎えます。ただ、デゴイチは本線初試運転の往路にトラブルがあり、その後が心配な状況が続いているようです。また、クリスマスと初詣号はシゴロクでの運転がラストになるのか、こちらの去就にも注目です。

いずれにせよ、我らがシゴナナは、来年もさらにその長い歩みを続けてくれるのでしょう。秋の終わりに、思わず実現した「真っ黒」運転は、シゴナナの魅力をあらためて感じさせてくれました。本門前や長門峡の紅葉に、微妙に時期や天気が合わなかったのは残念でしたが、また来年、新たな場面を紡いでくれることを期待したいと思います。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

忘れじのヨコハマナイト

161123yokohama189M52.jpg
例によって、カウントダウンとなると集中して撮りたくなる我が悪癖、昨日(11/23)も天王寺まで出かけましたが、予報に反してドン曇り、3枚窓車も運用に入っていないとなると、さすがに帰りの青便を早めて羽田へ。搭乗前の伊丹でふと思い立ってトタ189系の運用を調べると、M51、M52の2編成が続けて18時過ぎに湘南、鎌倉から上ってくることがわかりました。

昔、ロクイチの「土曜踊り子」の返しをよく横浜駅へバルブしに行ったのと、似たような時間だなあ。羽田に着いたら、京急で行ってみるか。今は三脚立てて場所取りというよりは、手持ちでふらり、撮ればいい。望遠で圧縮すれば、いい感じのアップダウンになる構図は、あの頃と変わりません。で、今は停まる前に撮ればいい。と思えば、まずやってきたM52の団臨は通過でしたが(核爆)

そういえば、ロクイチがほんの少し遅れると、下りのブルトレにカブられることもあったなあ。なんて、思い出さなくてもよいことを思い出していると、因果応報、次にやってきたM51の「ホリ快湘南」は、見事に上野東京ラインからの下り電車にカブられたのでした。忘れじのヨコハマナイト、今も昔も、撮影を終えたら、本牧あたりから、ブルースかロックンロールが聞こえてきそうです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ヒロタのシュークリーム

161123tennoji2.jpg
どうやら本当にカウントダウンが始まった阪和線の103系、先月、紀勢線で「ありがとう」団臨が走ったときは、まだ早いのでは…と思いましたが、全然、早くなかったですね(笑) 浅香の桜田カットが撮れたとなると、次は、天王寺ならでは、地平行き止まりホームの風景をやはり押さえておかねば、と曇天の日はこちらに集中してスナップいたしましょう。

で、なぜかヒロタのシュークリーム。関西に育ったある一定の年代には、ヒロタのシュークリーム、ユーハイムのバウムクーヘン、そして、パルナスのピロシキといったところが、父親が買ってきてくれて、家族で食べるモノではなかったでしょうか。ヒロタのシュークリームは大阪発祥ですが、現在では関東のほうが店舗が多いようで、関西特有の郷愁かどうかは、よくわかりませんが。。。

天王寺の地平ホームも、上野と同様に今や長距離列車の発着はほとんどなく、昭和の電車がこうして往来するのも、あとわずかになりました。シュークリームを久しぶりに食べたい気もしましたが、ちょうど昼飯時、ホームの反対側、鶏天入りの天王寺うどんの看板と、だしの香りに引き込まれるように、そちらで空腹を満たすことにしました。


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

風前の福鉄旧型車

161111sanjuhassya1.jpg
仕事の会合の時間にはまだ少し余裕があり、せっかくですから、福井鉄道を冷やかしていくことにしました。西武生、あらため北府に様子を見に行くと、例の福鉄急行色、某友人Tさんが、EF8029号機の思い出を捨ててまで、メルアドにしている200型が、ラッセルのさらに奥で昼寝していました。これは、今日、動くことはなさそうだなあ(泣)

200型の影に隠れていますが、610型連接車も、何せ元をたどれば昭和の名古屋市営地下鉄、今なお現役なことがおかしい、というべき古豪です。変な色だけど、顔をあらためて見ると、京阪のガイコツにも通じるような、古めかしい雰囲気が、何とも言えませんね。幸い、田原町へ向かう回送が、スノーシェッドも印象的な三十八社に姿を見せました。

帰ってネットで検索すると、レトラムならぬフクラムの増備により、610型は早ければ12月中旬にも、引退の時を迎えるようです。そう聞いたら、もう一度、撮りたいよなあ、桜田五十嵐順光で(核爆) 朝夕のラッシュ時のみの運用になることが多いというこの610型、日の最も短いこの季節では、福井市内の併用区間のビル影も大変だろうなあ、と思いつつ、福井に陸路で行くには、結局、米原経由と金沢乗り換えとどちらが早いのか、とまたまた妄想にふける今日この頃です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

森の中の林鉄編成

161111ishikawashinrin1.jpg
さて、8181カシオペアというネタ鉄の白眉から打って変わって、地味この上ない、林鉄保存車両、いきます。いや、10月の松原スポーツ公園の時ならぬ激パぶりを聞くと、そんなにマイナーでもないのかな(笑) FC2ブログのランキング、思いっきり下がること覚悟で(核爆)、いってみましょう、石川県立森林公園の木曽森林保存編成です。

10日ほど前に、福井へ出張があって、新幹線で行くか迷ったですが、あとわずかのPP稼ぎのため、NH便で小松往復を選択しました。そうか、2年前はこの出張の時に「北越」や「トワイライト」を撮ったのだなあ、と思い出しているのも勿体なく、最近、SNSでTさんが紹介されていて、いい雰囲気だなあ、と思っていたコレを見に行くことにした、というわけでした。

今にも雨が降り出しそうな、ドン曇りの午後でした。駄菓子、このうっそうとした森の中のこの季節、晴れたら大マンダーラ大会ではなかったか、と思って納得いたしましょう。それにしても、湘南窓の逆機DL+客車+運材車2+緩急車という、林鉄保存車最長?編成、まさにモケーのような、ともいうべきスラバヤしさに溢れていました。このまんま、丸瀬布、持っていきたいよなあ、、、と、北海道簡易軌道の自走客車と同じ妄想が、ここ津幡の森の中でも、ついつい広がるのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

御召機の蠱惑

161120higashiaomori8009.jpg
ああ、8181はやっぱり御召機だよなあ、あんな真っ暗な夕暮れでも他のカマとは違う、キラッと光っていたもんなあ……昨夜、地元の店に帰ってから、いつもの緑茶ハイ片手に、ぼんやりと考えていました。撮りてえ~~、でも今夜青森へ行っておけばよかったものの、朝からでは遅すぎる、、、赤社の朝イチ便でも無理だよなあ、ン? 青森着10時50分、ほんの手前なら間に合うのか、空席は……クラスJ残席1、、、決済! 核爆。

曇りときどき雨の予報とは裏腹に、青森空港へ向け降下するJL141便の下には、時折薄い日差しに照らされた青森の町並みが広がっていましたが、レンタカーを出発させる頃にはドン曇りとなり、昨夜大急ぎで検索した曇りアングルの中から、引きのとれる駅撮りを選ぶことにしました。いいでしょう、いいでしょう。いくらドン曇りでも、昨日の川口よりは思い切り明るい写真が撮れそうですから(笑)

通過5分前、小雨が降ってきました。ところが、違った、駄菓子菓子! 遠くに8181のライトが見えるとほぼ同時に、うっすらと雲の向こうから日が差しました。露出はほとんど変わりませんでしたが、8181のさまざまな銀挿しが鈍く光り、鉄のココロを捉えて離さぬ、御召機の蠱惑、ここにあり! ほんとうに、よくぞローズピンクに戻していただいたものです。カシオペアのラウンジカーを見送ると、すぐまた小雨が降ってきました。移り気なお天道様と、どこぞにおわす鉄の神様に、今日は大いなる感謝を捧げたいと思います。 



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ドン曇りを北へ

161119kawaguchi8009.jpg
日本列島どこにも晴れマークなしの土曜日、錦秋真っ盛りにもったいない話です。せめて曇り基本にまで回復すれば、試運転が消化不良に終わった飯山線、内ヶ巻のトンネル飛び出しだけでも、と考えていたのですが、雨基本の予報は変わらず、前日夜の段階で、「真っ黒」最終日のやまぐちとともに出撃を断念しました。

となると、休養と家事運用を基本にしつつ、近場鉄のネタを探すことにいたしましょう。朝からの雨でトタ189系の「かいじ」や「ホリ快湘南」はあえなく回避しましたが、午後になって雨が上がり、ならば、出かけましょう。8181の登板が予想されるという、カシオペア紀行、11月下旬の16時半過ぎ、フルサイズなら何とかギリギリ走行が撮れるのでは、と川口先端へ向かいました。

年末年始の渡道もプレスリリースされた「カシオペア」ですが、逆に、下りの81区間の走行写真はしばらく困難になりそうです。それにしても、8181は相変わらずカッコいいですね。ISO12800で何とか1/1000を確保して、ドン曇りの夕暮れを何とか写し止めましたが、年が明けたらまた、桜田で撮りたいなあ、とすでに来年に心は弾み、鬼が笑い始めた今日この頃です。



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

秒読みリベンジ~浅香

161116asaka2.jpg
ちょうど浜松停車の「ひかり」に間に合って、新大阪までウトウトしながら楽に移動、御堂筋線の旧型車も秒読みなのだなあ、と大転換の時代を迎えた大阪の電車の現状に詠嘆しながら、お昼過ぎの天王寺に到着しました。いつもの洋食屋で、大阪OLさんに囲まれてオムライス食って、桜田リベンジへの準備万端です、核爆。

最近ではどうやら3編成の103系が、阪和線では運用に入っているようで、そのうちの1本が低窓3枚車(日根野方)です。この日(11/16)も幸いにして天王寺へ向かう低3枚窓車を、対向の快速から確認、折り返してくるのを前回同様の浅香先端で待ち構えました。で、13時過ぎはナナメの影は少ないけど、まだ完璧にサイドに日が回らない。そして、この14時40分は、サイドには綺麗に光が回りましたが、ご覧のように強いナナメ影が……仕方ありません、ここまで撮れれば十分です。

後で、S御大からは竜華のゴハチやEF15がこの鉄橋を渡るシーンが、スマホ画像で送られてきました。その時代から有名な、阪和線きっての駅撮り撮影地、人は変わり、電車も変われど、これからもその歴史を紡いでいくのでしょう。並んで撮った少年に、実際の置き換え予測など教えていただきながら、この少年はいくつになるまで、どれぐらい代替わりした電車をここで撮るのかな、と晩秋の斜光線の下、ぼんやりと考えていました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ニーナがまた走り始めた!

161116toyodacho5052.jpg
その新橋での飲み会は、思ったより早い時間にお開きとなりました。というのも、運用復帰を果たしたニーナこと、EF6627号機が翌朝の5052レで晴れ予報の東海道を上ってくる予定で、S御大は午前半休をとって函南あたりへの出撃を計画済み、かくいうワタクシも、2か月に一度ぐらいのエアポケットのような突発的平日休み、帰宅後日付が変わる寸前に、浜松への始発こだまを予約しました。

東海道を西へ行くほど晴れ、というのがこの日(11/16)の予報でした。ならば、阪和線103系のリベンジ! で、浅香の桜田光線は午後ですから、豊橋は間に合いませんが、浜松あたりでニーナを撮っていくことはできる……思い描いていた駅先端は光線も状況も少し見当違いでしたが、その隣り駅で、何とか納得できるアングルを選定しました。

さすがに平日の通勤タイムの終わった午前9時、鉄は同行の友人以外には直前に現れた地元らしい方のみ。やがて遠くで鉄橋を渡る貨物列車の轟音が聞こえ、ゲリラ雲をひらりとかわしたニーナが、桜田光線を浴びて迫ってきました。ゼロロク国鉄色ただ1両となって以来、何度も故障や危機を乗り越えて、今度もまた走り始めた我らがニーナ。その不死身の力走に、大きな大きな拍手を送りたいと思います。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

やっぱりシゴナナはカッコいい

161105chomonkyo9522-2.jpg
先ほどまで、新橋で飲んでました。バカこの上ない、鉄飲み。あ、明日もか、核爆。 チキショー! 飯山線試運転、もう一度行きたかったなあ。皆さん、勝手に感動してください、と理性失った発言はここらあたりにして、やっぱりシゴナナはカッコいい。実はこれ、佐倉さんのゴハチタイトルをパクらせていただいたものですが、ああ、ほんとにカッコいいなあ。黒いシゴナナのナナメ後ろ姿。

このアングル、10年近く前にもっとギラッた日に挑戦したのですが、手前は国道9号線です。クルマと被れば、もう終わり、被らないほうがおかしい、ともいうべき確率です。今回も、えいままよ、わずかの間だけクルマが来ないという、少ない可能性に賭けました。本門前、渡川と連続してゲリラ雲のお世話になり、ここで被られたらもう立ち直れない中で、ああ天は我に味方セリ!

デフの点検窓までふさいでしまった9年前に比べるとまだまだですが、梅小路や二条駅に通ったガキ鉄の時代から今に至るまで、やっぱりシゴナナはカッコいい、の一念で生きてきた自分としては、この角度で撮れれば本望です。そして、よく見ると、ふとこちらを振り返っている乗務員氏! いいよ、いいよ、やまぐちで。ぼくはこれからもシゴナナだもんね!

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

白線が消えた

161113miyano-niho9521.jpg
飯山線試運転、また行きてえ~~(再核爆)……と思っても、なぜか後半は週の前半ばかり、これでは休みたくても休めません。皆さん勝手に行ってください、ああ天気悪くて大変ですね、でも紅葉真っ盛り、煙出てるなあ、、、ワタシは行けるところに行きましょう。週末真っ黒やまぐち、はい、2回行ってきました。飯山線にあんなに騒いで、なぜこっち行かない?(笑)両方行ったの、T山さんぐらい(爆)

理性失い、言葉が過ぎました。数年前の「マークなし、真っ黒」ほどではありませんが、11月のやまぐち号は、ご覧のようにまず、ランボードの白線が消えました。ボイラの金帯などは残っているものの、キャブ窓や給水温め器の縁取りも消え、秋仕様のマーク自体が黒基調で、ちょっと遠目に撮ると、マーク付いてるかどうかわからないぐらいです。

今年は重連以来、2度目のやまぐちでしたが、大山路のボランティア駐車場ご提供もあれば、長門峡での駐車制限もあって、沿線の雰囲気が微妙に変わりつつあるのを実感しました。そういえば、定年退職されたという、あの当時の山口鉄道部長はお元気なのかなあ。デゴイチの本線復帰も秒読みに入った今、やまぐちを走り続けたシゴナナの去就が、やはり気になる今日この頃です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ついに秒読みが 2~阪和線

161109asaka3.jpg
昼過ぎには、阪和線の駅撮り名所、浅香に移動しました。午後に桜田となる鉄橋アングルで、残り少ない103系を捉えようとの魂胆ですが、205系との共通運用であるだけでなく、こちらでは、ついに真新しい新型車両も登場、新旧交代の現在進行形シーンを目の当たりにすることになりました。

もはや、窓の形が変だなんて言ってられない時代なのは百も承知ですが、低運、高運の更新窓車が来るときは全部晴れて、このスバラヤしくイカつい旧窓車のときだけ曇るのですから、相変わらず、鉄の神様は心変りが多いですね。ま、電線の影がナナメに出ないから逆にいいのでは、と自分に言い聞かせておきましょう。

♪ふりむけば空色の汽車は いまドアが閉まりかけて♪ 中島みゆきの名曲「ホームにて」は、ブルトレを歌ったのかな。歌詞は長距離列車を思わせるフレーズが続きますが、空色と言えばスカイブルー、京浜東北線ですね。この色のこの電車が、2016年の今日まだ走っていることに、大いに感謝しなければいけませんね。そして、やっぱり、ナナメの影が出ていいから、桜田で撮りてえ~~(核爆)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ついに秒読みが始まった~大阪国電往来

161109taisyo3.jpg
今週半ば、大阪に出張に行ってきました。そろそろ、そろそろと言われながら、いよいよ後継車両の投入が始まった、大阪環状線の103・201系や、阪和線の103系を合間にスナップしてきました。環状線ではまだ新型車両の姿を見ることはありませんでしたが、年内に森ノ宮で展示会が行われることがすでにリリースされています。来週行ったら、もう新しいのが来るのかも(爆)

高運転台の103系に、ブラックフェイスの201系。大阪に行けば、わが青春の中央線が、正面も横顔もちょっと変わったけれど、オレンジ色でやって来る。この奇跡、よく続いているなあと思いつつ、ずっと続くのでは……と錯覚しながら過ごしてきたこの数年でした。わずか1時間少しの駅撮りでしたが、3本を桜田でゲット、もしかしたら最後のオレンジ国電との邂逅を仕上げました。

そして、環状線の駅のイメージアップ計画も着々と進んでいる様子で、弁天町駅のホームの壁はすっかり新しくなり、ついこの前、交通科学館に行く親子が座っていた古いベンチも、なくなっていました。撮ろう、撮ろうと思いながら、生活写真や情景写真は、結局、寺田町の例の看板ぐらいしか撮れなかったなあ。もう一度来阪の上で、ほろ酔いで夜の写真を撮る機会があらば、と妄想する今日この頃です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

日曜のんびり、カナロコ臨

161106shintsurumi.jpg
その、二子新地に台湾麺線を食べに行った日曜日(11/6)は、昼過ぎにおっとり刀で新鶴見へ。トタ189系M51国鉄色で運用された「神奈川満喫号」、別名カナロコ臨をスナップしてきました。朝の送り込み回送が最も光線良好みたいでしたが、さすがに、そういつもいつもは気力が続きません(笑)根府川から折り返してくるのを狙えばいいか、と近場鉄の鉄則、朝寝を継続しました。

矢向から小倉陸橋に歩いていく商店街も、ずいぶん店が変わりました。街角の本屋が頑張っているのは本当に嬉しいですが、10年ほど前、高機の65PやFを待つ間によく入った蕎麦屋は、看板も跡形もなくて、どの建物だったかわからないくらいです。その一方で、けっこう旨そうなインド料理屋ができているのが、今らしい。家でブランチ食べてきたのが残念でした。

小倉陸橋に鉄の姿は、ほんのポツリポツリでした。それもそのはず、上り方の正当アングルは、わずかにサイドに日が回り始めたところです。駄菓子菓子! 翻って見る後追いアングルは、ほぼ桜田五十嵐順光です。撮りましょう、邪道アングル、後追い天国(核爆) 東洋一の?大操車場も今は昔、その跡にできたビル影が、ご覧のように12時台でもうかかりそうになる寸前、特製のシールマークを付けた国鉄色がゆっくりと眼下を通過していきました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

今年の秋の斜光線は

161103shinden1.jpg
この日(11/3)は、東武伊勢崎線での撮影終了後、再び都内を横断して、品川での杉田二郎さんバースデーコンサートを聴きに行く予定でした。新越谷から北千住の間で、もう1本、半蔵門線直通を撮る時間がありそうです。8500けーよ、来てくれよ、と念じながら、最後尾が若干巻くものの、良好なアウトカーブのアングルが得られる新田で日比谷線03系を下車しました。

14時半を過ぎ、秋の夕陽はすでにかなり西に傾き、見ようによってはサイドライトに近い状態に突入しつつあります。しかし、秋の夕方の斜光線でまだなかなかいい写真を撮ってない今年、東急8500系を待ちながら好天と美しき斜光線に見とれることになるとは思わなかったなあ。でも、いいでしょう。いくら段取り整えても、最後は偶然が左右するのが鉄の掟、今日の僥倖に感謝しようでは有馬温泉!

まだ田園都市線区間への出撃は果たしていませんが、日曜日に行った二子新地の台湾麺線、うまかったなあ。しかし、その店に行く途中で、ここが○老亭かと通り過ぎたその中で、モケー鉄の宴会が行われていたとは、まったく大○核爆な話です。そして、大井町線が二子新地にほとんど停まらないのも知らなかった田都ドシロート、撮影地選定はまだまだこれからです。みやぎさん、撮影よりもその後の台湾料理で一杯に期待して、日程設定をお待ちください(笑)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

東急8500けー!

161103shinkoshigaya2.jpg
気になっていたのは、東急田園都市線から半蔵門線を経て東武線に直通してくる、あの、二子玉○から某犬氏が都心へ向かう際に利用する、○電車の合間にやってくる8500けー! たしかに他の東急5000や東武の○電車と続けてくると、走りが違います、カッコよさが違います。他の東急昭和ステンレス車と比べて、赤帯が間抜けだなあと思っていた私が悪うございました。

今ならまだ、けっこうな確率で、この電車がブッ飛ばして来るのですね。これは撮らねばなりません。さすがに幕車は来ませんでしたが、たしか半蔵門線までの運用と東武直通運用に区別があるのかな。今度、犬氏に教えてもらいましょう。大急ぎでスマホ検索してセレクトした新越谷先端、望遠専用金網承知アングル、いやあ、シビレました。もちろん、秋の夕日で桜田順光!

東急沿線に長く暮らしながら、実は、田園都市線も半蔵門線も、それほど乗る機会が有馬温泉でした。だから、8500けーは大井町線で時々乗るぐらいで、この素晴らしさがわからなかったのです、と自己弁護する自分は、まったく大○核爆ですね。次の近場鉄は田園都市線に初出撃して、二子新地で台湾ビールにいたしましょう。デハ、チャオ! と今回はイ○ゲージブログのフレーズオンパレードとなってしまいました(おま○核爆)



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

晴れ、ときどき少年1人

161103kitakoshigaya2.jpg
数か月に一度、越谷で仕事の会合があり、夕刻のラッシュが始まった日比谷線で行く機会がありますが、昼間の03系に東武直通区間で乗るのは、まったく初めてです。いや、学生時代に武里か一ノ割でアルバイトをしたことがあり、茅場町から日比谷線に乗って行ったのを思い出しましたが、あの頃はマッコウクジラですね(笑)

よく晴れた休日のホーム先端には、東武の優等列車を狙う数人の鉄を北千住を過ぎてしばらく見かけましたが、越谷に近づくと、時おり少年が一人、現れるかどうか。結局、東武動物公園の手前、姫宮までホーム端のロケハンを重ねましたが、どの駅で会う少年も、礼儀正しかったなあ。もう少し大きくなって、群れると煩くなるのかもしれませんが(笑)、そこのアラカンのあなた! あなただって、中高生時代は友達と騒いでいたのでは(爆)

14時を過ぎると、さすが11月、すでにビル影、家影との戦いが始まりました。せっかくの秋の斜光線で桜田写真を撮るには、高架区間へ戻ってくるしかありませんでした。とりあえず、3カットほど03系の順光押さえて終了、と思いきや、先ほどから優等線をブッ飛ばすある電車が気になっていました。高架線がビル影に覆われる前に、そちらも撮って帰りましょう。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

東京の反対側

161103kitaarai1.jpg
都内を横断する東京メトロの路線の中で、両端から他社線への直通運転または接続が行われているのは、千代田線、半蔵門線、そして「ヒビチョク」はなくなりましたが日比谷線が、城南から城東、という都内横断のイメージです。私の通勤経路の学芸大学~東銀座をちょうど反対側に裏返すとm北千住から東武線に少し入った、西新井あたりになるかと思います。

前日にネット検索して駅撮りに適した駅をリサーチしたら、北千住至近で最初に出てきたのが、ここ西新井でした。駄菓子菓子! アングルを教えていただけるだけで十分で文句を言う筋合いではありませんが、光線は季節によって違います。ネットで順光と書いてあっても、あとは自己判断です(核爆)リサーチしていた下りアングルはこの季節はほぼド逆光、振り返ると桜田光線の中を上りの幕車が入線してきたので、大急ぎでズーミングを調整いたしました。

城南または城西にしか住んだことのない自分には、若い頃には考えもしませんでしたが、永井荷風の墨東奇談とまでは言わないにしても(笑)、一度は反対側のエリアに住んでみたい気持ちが、今でも残っています。そうか、東京の反対側で、同じ電車を待つ朝の風景はこんな感じなのだなあ、と何とも不思議な気分で、幕車の03系にシャッターを押しました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

いつもより遅い朝

161103nakameguro1.jpg
昨日の休日(11/3)の朝、いつもの通勤時間より小一時間遅く、中目黒で東急東横線から営団、いやちがった(笑)東京メトロ日比谷線に乗り換えました。もう30年近く、平日のほとんどはこの通勤ルートです。はい、地下鉄サリン事件の朝も、剣道部の高校生が犠牲になった事故の朝も、1時間程度の違いで、、、思えばけっこう危ない橋を渡っているものです。。。

菊名や日吉からの「ヒビチョク」が消えて久しく、いつもの乗り換え時は、2つある留置線から交互に折り返しが中目黒発となって入線してくるのを、下車駅エスカレーターに合わせた乗車位置に並んで待つだけで、その写真を撮ろうとは、夢にも思いませんでした。中目黒着の地下から上がってくるシーンはすでに撮りましたが、撤退が間もなく始まるであろう03系の最期に、このシーンも1枚は撮っておこうと思っていたのでした。

好天に誘われて、今日はこんなときでもなければ思い切って出撃できない、日比谷線03系の東武線内のシーンを撮りに行こうと思います。で、何とか幕車でメインのカットを押さえたい。まずは中目黒入線シーン、2本目に幕車がやってきて、幸先上々。次のLED車で平日は下車する東銀座を通り過ぎていくのが、何とも複雑な気分ですが、見知らぬ城東エリアへの、ほぼ初出撃です。平日の通勤でお世話になってる電車を、休日にマジで撮る。何だか面白い出撃になりそうです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

風に吹かれて~新宿大ガード

161103shinjuku9586M.jpg
新宿、続けます(笑) 今日(11/3)、文化の日は、もともと明治節ですから三連休にはなりませんが、いわゆる絶好の行楽日和、この日も晴れの特異日なのかな⁈ 本来は休養予定でしたが、あの青空を見たら、出かけずにはいられません。久しぶりの日がなぶらぶら近場鉄、のんびり楽しんだ1日の終わりは、新宿大ガードで、すっかり冷たくなった晩秋の風に吹かれていました。

今日のトタ189系は国鉄色以外の2編成が運用入り、狙うはグレードアップあずさ色のM52、「山梨富士4号」の新宿到着です。201系H7編成の終末期には夕暮れ時によく撮った新宿大ガード、今は我々にはフルサイズがついています。撮りましょう、夜景ISO12800。先日来、歌舞伎町側で夜景を撮るたびに、次は大ガードだなあ、と思っていたのでした。

杉田二郎さんのバースデーコンサート、タイトルが「ジーンズとハーモニカ」とは、これはいいですなあ。街から街へ、風に吹かれてコンサート続けて50年、たいしたものです。ま、海から山へ、風に吹かれて旅をするのは鉄も同じですが(爆)、こうやって、遠出を控えて街の風に吹かれると、ほんとうにリフレッシュします。そしてまた、旅に出たくなる。この気分は新宿ならでは、「あずさ」ならでは、ですね。幸い、今夜はカブリませんでした(笑) 夜風に吹かれてしまった後は、焼酎のお湯割りで温まってから、帰ることにしましょうか。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

延長戦終了~埼京線205系

160910shinjuku2.jpg
2014年2月の「ありがとう」HM付き運転以来、2年半以上の長きにわたって、予備車として通常運用に入っていた埼京・川越線の205系・ハエ28編成が、先週半ば(10/27)、運用を離脱しました。最終運用となった通勤快速での川越入庫の際、車掌氏による「ありがとう」放送がすでにYoutubeに上がっています。

少し前から、もうそろそろ、もうそろそろ、と噂されていましたが、予想通りの通常運用、マークなしのあっけない最後でした。「ありがとう」マークを外した当初は、え~まだ走るの?とずいぶん追いかけましたが、さすがに最近は、時折り見かけて「また撮らねばなあ」と思う程度に終わっていました。自分としては、9月初旬、「カシオペア信州」の帰りに、ビール飲みながら189系待つ合間に撮った、新宿メガロポリスな1枚が、ラストカットになりました。

1編成だけ残って活躍したと言えば、中央快速のトタH7編成が思い出されますが、ハエ28編成はその時と違って、どうやら長野までの廃車回送ツアーが募集されることもなさそうです。多くの仲間がすでに海を渡ってインドネシアに譲渡されていますが、わずか1編成をわざわざ……と考えると、それもなさそうな気がします。人知れず、2年半の延長戦終了か、、、秋風が冷たくなり始めた季節らしい感傷ですなあ。。。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR