岩木山に抱かれて

170514bisyamon-kase1.jpg
嘉瀬で、作業に従事する職員の方々を乗せたDD+トム編成は、踵を返して推進で砂利散布現場へ向かいます。岩木山をバックにしたこのアングル、昨年は見事に撃沈しており、今年、リベンジできたらなあ、と思ってました。そして雲の間から、晴れ間が広がり、一瞬のフル露出のタイミングでシャッターが切れたことを、岩木山の山の神、お岩木さまに感謝しなければいけませんね。

これ1枚撮れれば、けっこう満足でした。終日晴天となった昨年と比べて、今日は曇り基本の予報です。晴れたとしても一瞬だろうなあ……いずれにせよ、夜に都内で所用があり、夕暮れまでここにはいられません。青森空港へ戻って、晴れを求めて、西へ移動いたしましょう。それも、別に毎日走ってるスナックさん(笑) ああ、何という、相変わらずのアマノジャクなオレ(爆)

この翌週、津軽中里に設置された転車台のお披露目イベントも、なかなか賑わったようです。新緑のラッセル、よかっただろうなあ。弘南の大鰐線では、東急7000の水間鉄道ヴァージョンが登場したようです。五所川原、弘前、青森。行きつけの居酒屋のある街が3つもある県はなかなかないなあ(笑) 青森空港から飛び立つときは、いつも「帰ってこいよ~♪」のメロディに送られているような気がします。





テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

5月、五所川原へ

170514tsugaruiizume-bisyamo.jpg
昨年に続いて、今年も津軽鉄道のトム工臨が昼間に走ると伺って、先週末(5/13-14)、五所川原へ行ってきました。初日の土曜日(5/13)は、ほとんど絶望的な雨模様、「ブログ上では、行かなかったことにする」ぐらいの悪条件でしたが、翌朝(5/14)は、朝から時おりお天道様が現われ、世にもレトロな非電化地方私鉄の特殊編成を、キッチリ押さえることができました。

それにしても、前夜、五所川原の居酒屋でご一緒した、Tさんのシェイプアップぶりにはびっくりしたなあ。不肖ワタクシも、今までの食生活を反省し、それなりのトレーニングに励む今日この頃ですが、あれには叶わないなあ。でも、酔っぱらって訳わかんなくなるのは変わりませんね(笑) あ、もう一人ご一緒した、脚立に上ったらこの人・Kさんが酔っぱらって寝ちゃうのも、久しぶりに見ると、なかなかだったなあ(大○核爆)

鉄旅で地方都市へ行って飲んで、気持ちよく酔っぱらったときは、二日酔いにはなりません。曇り基調の予報ながら、微妙に日が差し、岩木山もあと少しで見えています。この写真、トム2両目の後ろに、雲を被った岩木山がご覧になれますでしょうか。去年は見られなかった菜の花、次第に晴れ間が広がる空、ああ、今年も来てよかったなあ。居酒屋含めて(笑)、津軽の魔力、ここにあり、ではありませんか有馬温泉!

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

銀座線を遠く離れて

170322uchikoshi5.jpg
青ガエル末期に慣れ親しんだ打越駅の前後で、30分おきにやってくる01系くまモン車を、まずはオーソドックスなアングルで捉えました。2本撮ったあたりで、予報通りの曇り空となり、光線に関係のないアングルを探します。レンタカーばかりで来ていると気づかなかった打越の木造プチ駅舎、いやあ、これは渋い。次の上熊本行きは、これを入れ込んで、広角でいきましょう。

乗降客、中高年オヤジ1名。ほんとうはJK通学風景だとよかったのですが(爆)、くまモンがたくさんホームで飛び跳ねているから、良しとしましょう。そうか、ラッピング車をサイドから撮ることは今までほとんどなかったので、ホームの高さにくまモンがピッタリフィットするとは思わなかったなあ。考えてみると、当たり前のことですが(笑)

銀座線を遠く離れて、熊本ローカルに息づき始めた、メトロ第一世代の名車、01系。次回は夕方ギラリのくまモンを決めたいものです。ますますラッピング車のバリエーションが増える昨今、考えれば撮りようはあるものだなあ、と変に納得しながら、そろそろ撮影を切り上げて、今日は赤便の待つ熊本空港へ戻ることにしました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

くまモンに会いに行く

170322kitakumamoto1.jpg
ラッピング電車、続けます(爆) ミャンマーフットボールラッピング(?!)のキハ38から、次は、ジャパニーズ・ゆるキャラナンバーワン、くまモンのメトロ01系。銀座線で撮ったときに、熊本でも撮りたいなあと思った、相変わらずの特殊アマノジャク鉄。ぽっかりと仕事が空いた平日、ほんとうは磐西の試運転に重なればいいのですがそうもいかず、、、では、いざ熊本へ(核爆)

青ガエルラストの時期以来の熊本でした。最後の青ガエルは本線へはもう出ることがないものの、構内入換などには使用されているようで、この日(3/22)も、北熊本の構内での防災訓練に、懐かしい顔を見せていました。先日の事故車となってしまった、都営6000系も構内に留置され、その横を、上熊本支線に運用される、くまモンラッピングの01系が通過し、期せずして、くまモン車の並びとあいなりました。

2両編成×2の01系が熊本に来ているので、もう一方の編成は、銀座線時代のままの雰囲気に、パンタやバックミラーがついた感じです。それに比べて、くまモン車のゆるさ、もう笑えます。銀座線で見ているせいか、すんなり目に入って来るから不思議ですね。昼飯を食べたら、青ガエル時代に勝手知ったる沿線のアングルを再訪することにいたしました。



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ここまで光線がいいと…

170311nukuri3.jpg
千頭では「SLフェスタ」随一の呼び物、15分間の蒸機3台並びも堪能させていただいて、新金谷へ続行で帰る蒸機や電機を待ち受けようと、毎度おなじみ、抜里手前へ移動しました。それにしても、カメラにおけるライブビューの発達、そして撮り鉄の中での小型脚立&踏み台の普及が、こうしたイベント時のメインカット撮影をきわめて容易にしましたね。少し昔なら、いつまで経っても前の人が譲らなくて、順番や隙間を根気よく待ったものですが、今はライブビューか踏み台使って、おそらく待ち時間が半分以下(爆)

しかし、抜里手前のこのポイントも、ほんとに人が増えたなあ。わずか1年前の門デフ、数人で撮ったのを思うと、隔世の感がありますが、光線は駅の先のカーブよりこちらが良好なことは変わりません。ひるまずに、撮りましょう(笑) C5644号機牽引の旧客7両が曇られてしまったあと、やってきました電機列車、来る直前に陽が射して、ご覧のように列車と築堤にスポットライトで桜田ド順光!

カマの次位がトーマス色客車になったことが、返す返すも悔やまれますが、これも言っても詮無いこと。いや、ここまで光線がいいと、なかなか貴重な色の組み合わせを順光で撮れたことを感謝する、その方向に発想を転換させようではありませんか有馬温泉!(核爆) いつもなら奇跡の順光に奇声を上げるところでしたが、帰りのクルマの中で、この日同行の鉄人騎士さんと、この列車の編成美について、何度も唸り声を上げていたのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR