♪夏から秋への 能登半島

170827ukai6.jpg
♪あなたあなた訪ねて行く旅は 夏から秋への 能登半島♪ 季節はまさに、秋風が吹き始めた8月の終わり、北陸道から、能登里山道の無料高速を海沿いに北上、石川さゆりの昭和演歌を何度も口ずさみながら、のと鉄道の廃線区間への道をたどります。鉄ではシゴナナ入線時に能登中島までしか来たことのない能登半島、シゴロクが出演した映画は「父ちゃんのポーが聞こえる」だったかなあ、と昭和の記憶をまさぐりながら、クルマはやがて珠洲市内に入りました。

今回のターゲットは、旧のと鉄道鵜飼駅に搬入された、旧紀州鉄道のキハ605号です。常磐炭鉱から岡山臨港を経て、御坊では一度も営業運転に入ることがなかったという、数奇な運命をたどった気動車が、北陸の運送会社に譲渡されて、動態復元されているのか……と思ったところでの、貸出し搬入です。珠洲市全域で開催される「奥能登国際芸術祭」に参加するフランスのアーティストの作品に使用されると聞くと、鉄道車両の活用法も、随分広がったのだなあ、との思いを新たにいたします。

で、特徴的な前面4枚窓の最も左、白い筒が見えますが、これが車両を貫いて、芸術的オブジェとなるのだとか。はい、これの設置前に撮りたかったのですが、間に合いませんでした。駄菓子菓子! それを差し引いても、廃止以来12年後に、廃駅にわずかながらの線路が敷かれての車両設置です。過ぎ去った時間と、夏から秋への季節の空気感に、もう泣けてきます。できるだけ筒が目立たない角度で、と考えなて撮影しながらも、これ、芸術作品になったときはどうなるんだろうなあ、と怖いもの見たさも半分、複雑な気持ちで、羽田への青便の待つ能登空港へ戻っていきました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

廃止40年後を生きる

170827nakayoshi1.jpg
翌日(8/27)、東京総合車セ公開と同じぐらい久しぶりに、尾小屋鉄道の車両を動態保存する「なかよし鉄道」の大運動会(笑)に行ってきました。DLとDCで、2両の客車を挟んだ、4両総出の連結運転。例によって、柵を線路面にかけず、木々の木漏れ日を少しでも当てて……と制約の多い条件下ですが、エンジンの音が近づいてくるだけで、ワクワクします。素晴らしき、今を生きる昭和のナロー!

ちょうど10時の運転開始の直前に到着、スタッフの朝礼?の真ん中には、Sさんの朴訥な笑顔が見えました。最近はSNSでつながっていると、しょっちゅうお会いしているような感じですが、実はキハ3の遠鉄色運転以来、3年ぶりです。後ほどご挨拶していろいろ伺うと、今年は廃止40周年、そして再来年は尾小屋鉄道の創業100周年とか。廃止40年後の今日も、周辺の2か所で動態保存が継続している、、、こんな凄いところは他にはありませんね。

これまた動態保存のボンネットバスも、始発駅の傍らに待機していました。のんびり、1日いてもいいぐらいの最高の雰囲気でしたが、30分おきの運転を3回撮ったところで、今日は撮影終了といたしました。さて、次なる目的地まで、ナビが示す所要時間は3時間! ま、そこまではかからないにしても(笑)、なかなかのロングドライブです。「工事始まってるかもしれないけど、いい雰囲気ですよ」と、少し前に現地に行かれたSさんの声に送られて、クルマを能登半島へと走らせます。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

夜の初詣

170103okazaki1.jpg
初詣、割り込みます。今年の京都は、雪が降らないお正月になりました。枯れ鉄さんをお誘いして実家近くの店で一杯の前に、平安神宮へ初詣がてら、ライトアップされた京都市電を見てきました。

平安神宮へ続く参道では、ちょうど露店の片付けが行われているところで、その向こうに浮かび上がる1800型は、京都会館、違った、今はロームシアターの灯りを遠景にして、さながら夜の都大路に帰ってきたような雰囲気です。

あとで枯れ鉄さんとも一致したのですが、どうもまだ京都鉄道博物館に行く勇気がありません。あれは梅小路ではない、とは嫌みな京都人特有、何とアマノジャクであることか(大○核爆)

明日4日、東京に帰ります。仕事のご挨拶して、新幹線に乗るまでに、昼間、数時間の余裕があります。奈良線の103系も撮りたいし、件の勇気を出すかどうか、明日の天気と気分で決めたいと思います(笑)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

タンコロ祭り、8年ぶり

161203gokurakuji4.jpg
新白河でクルマを返して、「なすの」で帰路につきました。おっとその前に、矢板までの追跡を敢行したのですが、間に合ったもののサイド潰れで思わず撃沈、それから新白河へ戻ったのですから、さすがに上野では抜けません。おとなしく、同行の友人G氏も秘かに予定していたという、江ノ電タンコロ祭りに向かいましょう(笑)

後で調べたら、前に大阪からひくまさん上京の折、このイベントに行ったのは、ついこの間に思えますが、もう8年前のことになります。ひくまさん、阪和線行ってもあたふたと撮って帰るばかりで、すみません。あ、次回は連絡します。南田辺の名店で一杯やりましょう。あの頃は僕らはアラフィフ、今やアラカン(核爆) 8年前と同じアングルは、今回のほうが光線が良かったのかな。同じように根気強く人波の途切れる瞬間を待ち続けたのでした。

紅葉の鎌倉。週末の江ノ電は相変わらず混んでいて、写真後方のカットモデルみたいな電車をスナップした、学生時代の淡い記憶を思い出すには、いささかあわただだしい鎌倉再訪となりました。駄菓子、江ノ電も、たまに来るのはいいなあ。アマノジャクはいつものことで、いつか一度ぐらいは、あのお祭りの併用軌道の人混みに身を任せてみるのも一興だなあ、と、昨日までの自分にはあり得ない計画を、ぼんやり考えていました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

森の中の林鉄編成

161111ishikawashinrin1.jpg
さて、8181カシオペアというネタ鉄の白眉から打って変わって、地味この上ない、林鉄保存車両、いきます。いや、10月の松原スポーツ公園の時ならぬ激パぶりを聞くと、そんなにマイナーでもないのかな(笑) FC2ブログのランキング、思いっきり下がること覚悟で(核爆)、いってみましょう、石川県立森林公園の木曽森林保存編成です。

10日ほど前に、福井へ出張があって、新幹線で行くか迷ったですが、あとわずかのPP稼ぎのため、NH便で小松往復を選択しました。そうか、2年前はこの出張の時に「北越」や「トワイライト」を撮ったのだなあ、と思い出しているのも勿体なく、最近、SNSでTさんが紹介されていて、いい雰囲気だなあ、と思っていたコレを見に行くことにした、というわけでした。

今にも雨が降り出しそうな、ドン曇りの午後でした。駄菓子、このうっそうとした森の中のこの季節、晴れたら大マンダーラ大会ではなかったか、と思って納得いたしましょう。それにしても、湘南窓の逆機DL+客車+運材車2+緩急車という、林鉄保存車最長?編成、まさにモケーのような、ともいうべきスラバヤしさに溢れていました。このまんま、丸瀬布、持っていきたいよなあ、、、と、北海道簡易軌道の自走客車と同じ妄想が、ここ津幡の森の中でも、ついつい広がるのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR