山影せまる頃~篠目

180408shinome8522.jpg
同じような追っかけの鉄車が、この日は5台ほどだったでしょうか。白井の里から長門峡へ、これまた久しぶりに山間の県道を抜けて、篠目のこのポイントに到着、三脚を立てるのとほぼ同時に、DLやまぐち号が静かに給水塔の横に停車しました。この季節でもまだ山影になっているのでは?といった心配は、ご覧のようにギリギリのところで杞憂に終わり、胸をなでおろしました。

季節は桜を過ぎた春の盛りとはいえ、バックの山々に陰影を映し出す斜光線はいい感じに赤味を帯びて、DD51と新35系客車を、山あいの風景の中に浮かび出します。新35系客車は、もちろんシゴナナもデゴイチもいいけれど、DD51にも、ほんとうによく似合いますね。今回、今度はこのカップリングを山陰線で、というツイートをいくつも見かけましたが、まったく同感です。

昨日、一昨日のやまぐち号は、一部で強風による遅れがあったものの、デゴイチが元気に走ったようです。勝手なもので、そう聞くと、今度はそちらが撮りたくなる(笑) GWには、最後の山口入りとなるシゴロクとの重連も発表されていますね。DLやまぐち号・正調ヘッドマークはいつかの楽しみにとっておいて(爆)、まずはデゴイチの安定した走りを切に祈りたいと思います。


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

久しぶりに、白井の里へ

180408tsuwano-8522.jpg
先週、本門前はほぼ優勝しているので、上り列車の1回目のポイントは、徳佐のオーバークロスと迷った末に、久しぶりに白井のアウトカーブに行くことにしました。久しぶりも久しぶり、もちろん復旧後初めてです。編成後部、5両目がどうしても巻いてしまうのが苦手で、もう10年以上、遠ざかっていました。その理由で、ネタ鉄には今一つ人気がないのでしょう。この日も本当にのんびりした雰囲気で、待ち時間をゆったり過ごすことができました。

もうひとつ、復旧直後の写真を見てここから遠ざかる理由になっていた、新しいコンクリートの護岸壁も、少しはヤレてきて(笑)、気にならなくなりつつありました。白井再デビューには、いいタイミングです。その昔も、DDでは撮ったことなし。さすがにDLやまぐち号ではSL茶屋はやっていなかったのが残念でしたが、白井の里名物、地元の方々のお見送りの幕?旗?は、ちゃんと登場していました。

いつの間にか、上空に雲はほとんどなくなり、桜の終わった春の午後、サイドライトを浴びて上ってくるDD51の表情には、サミット近し、2週連続の急な仕事を成し遂げた安堵感が見てとれました。白井トンネルを越えれば、あとの難所は篠直だけ、こちらもそれに何とか間に合うべく、これまた10数年ぶりの山間県道ルートに、急いでクルマを進めましょう。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

葉桜も一層の風情だというのに

180408tokusa8521.jpg
前日のデゴイチ牽引時がドン曇りで人出がやや少なかったこともあるのでしょうが、この日の大山路は前日より多い鉄で賑わっていたそうです。前日15時に代走が発表されれば、少しは急遽突撃する人も増えたのかな(笑) ところが、長門峡も地福もそれほどの人出ではなく、流れに乗って間に合った徳佐でも、最近稀にみる駐車位置を確保、それでも駆け足で定位置へ向かいました。

地福でもそうでしたが、もう田んぼには水が張られ始めているのですね。「葉桜もなお一層の風情だというのに」と言ったのは室町最後の将軍・足利義昭でしたが、1週間前に桜鉄をあんなに楽しんだのに、GWより前にもう、水鏡を狙わねばなりません(笑) 今日はまだ水の面積も狭く、オーソドックスなアングルで押さえることにしましたが、次があれば、DLやまぐち号水鏡バージョンも撮りたいなあ(爆)

ちょうどクルマを停めたあたりに、1本だけ、まだそれなりのボリュームで咲いている桜が残っていました。磐西の三洋電子で撮るような「桜フレーム」なら撮れそうで、実際、何人かの方が三脚を立てていました。上り列車用のアングルにどうか、何度もファインダーを覗いて逡巡しましたが、三洋電子、オレ、苦手だよなあ、なかなか上手に撮れないよなあ、と思い出して三脚を撤収、とりあえず、流鏑馬の行われている津和野の様子を見に行くことにしました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

再び、DLやまぐち号

180408miyano-niho8521.jpg
日曜日(4/8)、再びDLやまぐち号、またの名をやぶさめ津和野号(?!)が、晴天の阿東路を駈けました。前日はデゴイチが復帰したものの、コンプレッサーの不調でDDが津和野まで単機で救援へ、上り列車はDD+D51で運転、午後の段階で早くも翌日のDD牽引がリリースされました。おお、これはもう一度行きたくなります。前回は桜メインでしたから、今回はシチサンアングルを手堅く。実は数日前に赤便の予約は入れていたのでしたが(笑)

桜はもうほとんど散ってしまったようです。晴天桜田写真でスタートとならば、まずは宮野中村踏切でしょう。駄菓子菓子、前日の山間部で粉雪さえもたらした雲が上空に残っており、クルクモルかクルハレルかは時の運、迎える鉄は3名、話すと自分を含めて全員が先週の上りは本門前だったというから面白いものです。直前に地元ご家族登場、「今日はディーゼルですよ」とお教えすると、ちょっとがっかりされました。

しかし、先週に続いて「やぶさめ津和野」のマークですから、いつかは正調「やまぐち」マークで、という思いが募ります。あ、そうそう、どうでもいい話ですが、津和野町内の幟には、逆に「流鏑馬つわの」と書かれていました。「流鏑馬」の3文字を毛筆体のフォントで書いたヘッドマークもカッコ良かったかもしれませんね。ま、この光線で撮れれば、何の文句もございません。満開の桜がどこかに残っていれば別ですが、今日は基本、シチサン量産に向け、DD追走に入りました。



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

本門前、ほぼ優勝

180401tsuwano-8522-2.jpg
あまりにも急な代走のニュースだったためか、あるいは、これまたDD牽引で日光まで走った12系団臨に人が流れたのか、ネタ鉄のメッカ(笑)、本門前踏切は、思ったほどの人出ではありませんでした。太陽が雲に出たり入ったりで、さんざんやきもきさせられましたが、通過直前に雲が切れ、列車がカーブを曲がって姿を現してからファインダーに入るまでの時間、縋る思いで祈り続けました。

はい、おかげさまで、優勝まで行かないにしても、ほぼ優勝、十分、準優勝ぐらいでした。考えてみると、昨年夏のDD牽引試運転時は運転時間帯が昼前と早く、ここでは順光にならないため、まったく候補から外していました。今日の代走は通常の時間帯ですから桜田ド順光、下りの桜鉄3回と合わせて、ここでオーソドックスなシチサン写真が撮れれば、本日のタスク終了って感じです。

その後、渡川で桜がらみを1カット、最後に大歳駅で桜で締めようという目論見は山口市内渋滞で断念してかまぼこ屋に変更、弱い夕陽を浴びて走り去るDLやまぐち号、またの名をやぶさめ津和野号を、満足のうちに見送りました。翌週もこのヘッドマークで運転されたやまぐち号、その報告は別ネタを挟んで、数日後にまたお目にかけたいと思います。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR