颯爽と走り去った~京急2011F

180328koujiya.jpg
イベント団臨(3/25)の運転後も定期運用に入っていた京急2000形ですが、昨日(3/28)、いよいよ最終運用の日を迎えました。まず、朝からはここ最近も充当の多かった、早上がりの90行路で慣れ親しんだエアポート急行、最後の羽田往復を重ねて、午後に金沢文庫入庫、こちらも何とか諸々をやり繰りして、11時過ぎの羽田行きを糀谷で1枚だけ、撮ってきました。

「ありがとう」マークが団臨運転時からそのまま装着されていましたが、このマーク、1983年のデビュー時、ブルーリボン賞受賞を記念して付けられたマークのデザインを踏襲しているんですね。当時の写真を検索して見ると、今回のほうがひと回り小さいようですが、シャレたデザインですね。何といっても2000形は京急初のブルーリボン受賞車、中の皆さんの2000形への愛情や思いが凝縮されているようで、じ~んときます。

そして、同じ日の夕刻。残念ながら、私は見たり撮ったりできませんでしたが、何と2011Fはもう一度出庫して、ラストは品川→久里浜の快特に運用されるという、京急優等列車のエース2000形にふさわしい舞台が準備されました。ヘッドマーク同様、これまた関係の皆さんの愛惜の情が結実した、素晴らしいはなむけですね。デビューから35年、リバイバルカラー復活から5年、桜咲く2018年春を颯爽と走り去った2011Fに、万雷の拍手を贈りたいと思います。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

糀谷、夜の大窓

180324koujiya2.jpg
羽田に着いたのが18時過ぎ、20時前後にやってくる2000形のエアポート急行までには、中途半端に時間がありました。こんなときは、仕方ない、居酒屋を探しましょう、ていうか、最初からそのつもりじゃないか、オレ(爆) 駄菓子菓子! ネットで検索して目星を付けてた店はあまりにガラガラでパス、おお、ここは!と睨んだ通りがかりの店は満員、と2000形撮影同様、なかなか思うようにはまいりません。

こういうときは無難に行こうと、チェーンのやきとんの店で一杯ちょい飲みして、夜のホームへ戻ります。先客1名、挨拶すると向こうから「朝もいらっしゃいましたよね」……たしかに、見たお顔です。「いやあ、うれしいなあ。こんな時間に撮りに来る人、他にはいないと思ってた」……いやあ、うれしいのはこちらです。だから、鉄の世界もまだまだ捨てたもんじゃない。続いてもう1名いらっしゃって、3人で優勝のはずでしたが、羽田行きは、またまた都営車にカブられる(大○核爆)

そして、この日ラストの新逗子行きエアポート急行で、やっと夜の2000形を仕留めることができました。大窓に映る蛍光灯のライン、そうそう、こういうの、ロクイチのときもよくあったなあ。。。こうして、なぜか上手く撮れない車両、路線ってときどきあるものですが、京急の名車2000形が、最後にそうならずに、ほんとうによかったと思う今日この頃です。明日も早い、地元帰って、打ち上げでさらに飲むのはやめておきましょう(笑)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ギリギリ間に合った~京急2000

180324koujiya1.jpg
土曜日(3/24)、駅撮りではありますが、あと数日で撤退する京急の2000形最後の1編成、リバイバルカラーの2011Fを撮ってきました。実はここ最近、何度か撮影を試みていたのですが、2回連続で被られたり、不注意でのミスが続いたりして、ああ、この電車とは縁がないのかなあ、とフィリピンPNRのキハ52同様(笑)、ちょっと弱気になっていました。この日は大阪への日帰り予定があり、ラストチャンスとばかり、往復の行き帰りに撮影を企んだ次第でした。

日中はほとんど羽田空港~新逗子のエアポート急行の運用に入る2000形、角度を持たせた前面の大窓が、ほんとうに魅力的ですね。おお、カッコいいなあ、でも、よくコマ見ないと、架線の影がしっかり写っていたり、架線柱とか支柱が太い縦線を描いていたり、と思い出すのはロクイチ撮ってるときみたい(笑) こりゃあ、もっと前からきちんと撮っていたら、意地になって写り込みのないカット、リベンジし続けただろうなあ(爆)

日曜日のイベント運転の翌日も定期運用に入った2011Fですが、残念ながらもう、日中撮影の機会はなさそうです。ならばせめて、今日は大阪から帰ってきたら夜の撮影を試みましょう。前回カブラレまくった穴守稲荷を避けて、今夜はここ、糀谷で。高架になって久しい空港線のこのあたりですが、大昔、古い商店街に仕事で通ったのをふと、思い出しました。いい居酒屋もあるかもしれませんね!

 

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

たまには、らしくない面縦で

180304zama-ebina.jpg
新百合ヶ丘で準急に乗り換えて、小田急線を座間までやってきました。この前日、線路傍に咲いている梅を絡めて撮った写真がSNSに出ていて、当初はそのアングルで「スーはこ」撮影の予定でした。駄菓子菓子、現地に着いてみると、広角気味で、きわめてタイミングが一発勝負で難しそう、、、あえて挑戦する根性なく、ならば、らしくない面縦で、マークを強調するか、と作戦を切り替えました。

実は前夜、帰途の新幹線車中での撮影地検索で、このあたりで正面の面縦が可能だ、と見ていました。ただ、作例はおそらく500~600ミリ、300ミリまでの装備しかない自分には関係ないと思っていたのですが、駅を出て直線がすぐにカーブになっていて、おお、これは300ミリでアウトカーブが狙える! ちょうどシャッターを切るタイミングで、踏切の板が入るのは、ま、いいでしょう(笑)

前日に続いて、はなむけの編成番号札を期待したのですが、それは贅沢というものでした。数日前の飲み会で、M御大は「高圧塔もちゃんと入れて撮っておきなさい。東京電力、関西電力、中部電力、みんな違います」と力説されたそうです。踏切板に加えて、裏カブりまでされてしまいましたが、これもLSEが代走に入った、2018年のスケッチとして、時代を映した写真が撮れたと納得することにしました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

スーはこ、最後の代走?!

180303hotaruda-ashigara.jpg
今ダイヤ改正で、残存2編成のうちの片方が運用を離脱すると言われている小田急LSEですが、今年になってから、「スーパーはこね13号」を含むVSE運用を代走することがかなりあり、楽しませていただきました。駄菓子菓子、その代走も、改正前は先週末(3/3・4)が最後。1編成のみが残る改正後がなかなか機会がなさそうで、これはきちんと撮っておかねば、とSQ氏に教えていただいた桜田ポイントへ、勇躍、やってまいりました。

幸い、頭上には晴れ間が広がったままです。翌日はこのポイントも満員御礼となったようですが、この日は自分ともう一人だけ。前面に架線の影がかかるのがいかにも残念ですが、初の「LSEスーはこ」順光写真を捉えることができて、満足、満足。「スーあず」のE351もそうですが、LSE7000系も、何らかのカーブを生かしたアングルのほうが、躍り出るって感じでカッコいいですね。

後から気づいたのですが、いつもは付かない「L3」の編成番号札が凛々しく掲げられていました。改正前最後の代走、翌日は付いていなかったので、結果、この日だけのはなむけのいい小道具となったようです。2編成が走るのもあとわずか、箱根板橋の並びは結局、撮らなかったなあ。小さな悔いはいっぱい残しながら、7003F、最後?の力走が続いています。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR