昭和私鉄特急の矜持

180127kaisei1.jpg
晴天に恵まれたこの日(1/27)の夕暮れ、最後に開成西方のド田んぼにやってまいりました。小田急LSEの沿線撮影に、昨年の水鏡の季節に初めてやってきたこの周辺、あの季節には上りが順光だったのに対して、今の季節は下り方が順光で、この日の代走ダイヤでは、まずは後追いで桜田アングルを押さえることにいたしました。

しかしこのLSEのツートンカラー、ほんとうに夕陽映えしていますね。昭和の私鉄有料特急の矜持、ここにあり!って感じがいたします。この開成あたりは、朝から晴れていても、夕方には雲を連れてくる土地柄、ここまで雲がないのは珍しいのかもしれません。こんな晴れ日はめったにないのかも、と思っていたら、翌週末の晴れ、駄菓子菓子雲多し、で、見事に実証されたのでしたが(笑)

そして、夕方上り2本目のLSE、絶好の夕陽斜光線で決め打ちして仕上げようと、ラストも優勝確信して待機しましたが、雲は配給されなかったものの、予想外の裏カブリされて、撃沈しました。やまぐち撮影の原点が本門前踏切なら、小田急LSE撮影の原点は、私にとってはここ、開成のド田んぼだと思います。近いうちの斜光線リベンジを期して、大井松田から東名で帰途に着きました。



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

シブシン第2菖蒲

180127shibusawa-4.jpg
この日(1/27)は14~15時台に小田原に向かう2本のLSEが連続していました。これまた一度は撮りたいと思っていた渋沢~新松田の第2菖蒲トンネルの飛び出し&串刺し(笑)アングル、15時を過ぎると山影に覆われるかも、と心配でしたが、2本目のVSE代走「はこね31号」通過時も、何とか日が当たってくれました。

全長50mもないのでしょうか。いい感じにカーブした短いトンネルの手前と先にLSEの前と後ろを配するこのアングル、意外と難しいのは、とくに晴天の場合、LSEの顔にかかる架線の影と、編成最後部の位置とのバランスが、いちばんいいところで一致してしまったりするのですね。今回の写真も、本当は少し前のコマがバランスいいのでしょうが、そこでは架線の影がもっと思いっきり、、、

もっと手前でシャッターを切ると架線の影は消えますが、編成後部は直線となり、見えません。今回はこのコマで納得しておくしかありませんが、季節を変えてまたチャレンジの種が増えてしまいました。しかしまあ、幸運なことに、朝からここまでカブリなしできました。最後に、開成のド田んぼへ移動して、夕陽ギラリで仕上げることにいたしましょう。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

丹沢山系も微笑んだ

180127tokaidaigakumae-3.jpg
富士山優勝の興奮(笑)のあと、次は丹沢山系バックのアングル狙いで、秦野~東海大学前の有名撮影地に移動しました。こちらでも、2週間前にはうっすらとしか見えていなかった丹沢の山々が、幸い、少し雪化粧して、くっきりと山容を現わせていました。しかし、秦野市内はけっこうクルマ、混みますなあ。あ、それと、ハタノではなく、ハダノとは知りませんでした。人生、まだまだ勉強です。

朝の富士山バックとうって変わって、こちらは鉄の姿もまばらで、のんびりした、いい雰囲気です。アングルを変えて、3本のLSEをここで撮影しましたが、代走の「スーパーはこね3号」を見送った段階で、ハタと気づきました。そうか、皆さん、「スーパー~」のヘッドマーク狙いのポイントで待機なのだな。ここでは、寄りの写真が撮れないから、あまり鉄がいないのか(爆)

駄菓子菓子! まだまだLSEシロートの身の上で、この日(1/27)の午前中だけで、富士山と丹沢山系と、両方の単位がとりあえず履修できたのですから、よしとしなければいけませんね。夕方まで、好天が続きそうです。もう一度、秦野市内を抜けて、シブシンに戻りましょう。事故渋滞のおかげで、昼飯時間が無くなりましたが、午後に撮りたかった次なるポイントに、何とか間に合いました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

富士山優勝

180127shibusawa-shinmatsuda.jpg
そのドン曇りの日曜日と逆に、前日の土曜日(1/27)は終日、低温による澄み切った冬晴れとなりました。曇り時間帯いっさいなしの予報に、やや二日酔いを引きずりながら自車鉄で出撃、東名厚木インターを過ぎたところでパキッと姿を見せた霊峰の姿に、シブシン富士山バックデビューを心に決めました。目指すは、鉄橋の手摺などが気になるものの、最もフツーのアングルが撮れる、お立ち台22地点(笑)

8時過ぎのはこね81号の後追いに少し余裕をもって間に合うように、現地に到着しました。その段階ではまだ鉄橋に日が当たっていませんでしたが、通過15分前にしっかり桜田状態に。その時はまだそれほどの人出ではありませんでしたが、1時間後の上り、はこね2号通過までの1時間で、ほぼ満員御礼。そりゃあ、そうでしょう。今日撮らずして、いつ撮るんだって感じの晴天です。

雪を被った富士山バックで写真を撮るのは、4年前の富士急のPEA以来でしょうか。こちら西湘側となると、かなり久しぶりで、もしかしたら、御殿場線のイゴナナ14系以来かもしれない(爆) そして、考えてみると、神奈川県内富士山バックは、今日が初めてじゃないか、と珍しく三脚&脚立のフル装備(笑)で、日本一の富士山と昭和の私鉄特急との組み合わせに見とれていました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

スーはこ代走

180128yoyogihachiman2.jpg
さて、成田臨フリーク終了して、こちらは春以降の去就が心配される小田急LSEに戻ります。先週末(1/27・28)も、本来VSEの運用をLSEが代走するという車両変更があり、その中に下りの「スーパーはこね」1本が含まれることから、ヘッドマーク重視で久しぶりに都内駅撮りに出撃しました。この日(1/28)はドン曇り、ゆえにアングル選び放題、うれしいような、悲しいような(爆)

経堂とか祖師ヶ谷大蔵あたりはすっかり高架線になってしまった小田急ですが、意外にも、新宿に最も近い代々木上原までの区間で、踏切の点在する地上区間が残っています。今の季節、晴れればビル影がひどくて、なかなかフツーの写真は撮れないと思われますが、逆に、高層ビル街バックの夕方スポットライトなど、工夫次第では面白い写真が撮れそうです。

この日も、駅先以外に、直下の踏切に、数名の鉄の姿がありました。今日はとりあえず駅先からオーソドックスなアングルだけど、次は夕方にやって来て、様々なヴァージョンに挑戦したいものです。もちろん、そのときには、撮影後の居酒屋探しとセットで(笑) 限られた日々、また新たな楽しみができてしまったのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR