土曜朝、ニーナ下る

171209shinkawasaki2-6627.jpg
台湾弾丸突撃の後、平日5日は忘年会の連続で、次の週末はさすがに近場鉄となりました。朝起きてから、貨物と東急の運用チェック、しばらく運用に入っていなかったニーナことEF6627号機が復帰のうえ、上京していることを知りました。かたや、東急田都8606Fは運用入らず、ならば、間もなく東海道を下っていくニーナを安易にスナップすることにいたしましょう。

こういうときに限って、素晴らしい冬晴れの青空が広がっています。安易この上ない、新川崎駅撮りは鉄の数も10名に満たず、ホーム途中に難なくアングルを確保、カブリが心配された横須賀線もギリギリ+若干の余裕で回避、ややトップライトながら、最後のゼロロク国鉄色を久しぶりに撮影することができました。

JR貨物のEF64にも国鉄色が復活した昨今、この日(12/9)もちょうど、ニーナとPF2065機牽引の貨物が続行するという、少し前なら考えられなかった「国鉄色祭り」となりました。ニーナ通過段階で時刻はまだ10時台、せっかくの天気の下、どこで何を撮影しようか、、、今日はお気楽電車鉄、まだあれこれ迷いながら、とりあえず横浜方向に移動することにしました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

国鉄色新時代?!

171112shintsurumi72.jpg
JR貨物に2両目の復活国鉄色のEF65PFが出現しました。今週末の日曜日(11/12)、白昼に武蔵野線を走破する72レの運用に入ると聞いて、おっとり刀で撮ってまいりました。駄菓子菓子! 13時過ぎの桜田場所と目した新鶴小倉陸橋下は、すでに線路面が富士通ビルの影の中、、、ああ、たしかに日の短い季節はそうだったなあ、と思い出しても後の祭りで、急遽、カマだけを切りとったアングルに変更したのが、この写真です。

昔のPFに比べて、ちょっと青味が強いような気がしますが、JR東の土崎色よりは彩度があって、好感が持てます。しかしまあ、よくぞここまでピカピカになってくれたものです。モケーみたい、とはまさにこのことで、次の機会には、まずは編成シチサン写真を順光で押さえたいと、期待が高まるばかりです。

そして、(こちらは旅客ですが)高崎のEF641001号も、長年の茶ガマを卒業して、国鉄色、それも前面窓が白Hゴムで出場し、すでに運用に入っているようです。聞くところによると、さらに続くカマが、いるとか、いないとか(笑) 平成30年を目前に、突如出現した、国鉄色新時代。しばらくご無沙汰していた電ガマ、貨物ガマの世界が、またまた面白くなってきました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

曇りアングル~浪岡

171022namioka-kitatokiwa-ka.jpg
どんどん台風が近づく午後の秋田よりも、青森を出てすぐの昼前のほうが、まだ天気もましだろう、との判断での青森出撃でしたが、浪岡~北常盤のストレートで待ち構える頃には、一時、雨が止みました。おりしも刈り入れの進む津軽平野の田園地帯、かつて、日の長い季節に「あけぼの」を待つ鉄の砲列が並んだ場所です。

ここも、晴れれば午後~夕方が順光のポイントです。本来、昼前ならサイドが丸潰れになってしまい、桜田カットがほしければポール側から撮るしかありません。ま、それはそれでそのうち撮るとして(笑)、露出も1段以上、上がりました。今日のところは、曇り写真をキメましょう。曇り空に光る銀帯もなかなかだなあ、と納得しておきましょう。

さらに秋田方面に向かう数台の鉄車を見送って、今回の撮影はここで終了、浪岡で昼飯にしてから、青森空港へ戻りました。年内もまだまだ毎週のように運転される「カシオペア紀行」、とんでもない牽引機の登場もアナウンスされています。次の81号機の登場時こそ、青森~秋田の返却回送区間で、ぜひ、晴れていただきたいと切に願う今日この頃です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

秋雨に濡れて

171022tsurugasaka-daisyaka-.jpg
翌週末のカシオペア紀行、81号機の登板と聞いて、楽しみにしていました。前夜に青森に入って、キャサリン(爆)の居酒屋行って、翌日は秋田まで返却回送追いかけるか……駄菓子菓子、ほんとうに、なかなか晴れない81号機登板時、今回は晴れないどころか、台風接近の週末となり、曇りor小雨承知で、青森へ回送のみの出撃といたしました。

狙うのは、晴れたら光線の悪いポイント、という日頃の自分にはあるまじき姿勢です(笑) まずは、鶴ケ坂~大釈迦の超有名小俯瞰アングルへ。通過時には雨も小降りになり、ご覧のように、全山紅葉とはまいりませんが、秋雨に濡れる紅葉がバックの山のあちこちに残っていて、ま、これはこれで来てよかったかも、という1枚になりました。

そういえば、夕方の「日本海」や「あけぼの」を、ここでよく撮った時期がありました。「日本海」はトワガマが来たときは晴れ、ローズピンクは曇り、と地団駄を踏んだのも、今となっては懐かしい思い出です。幸い、大釈迦で停車がありました。もう1か所、日の長い季節に「あけぼの」を撮った場所に、久しぶりに行ってみることにしました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

羽後飯塚桜田、光量8割

171015ugoiizuka-okubo-kai98.jpg
鹿渡で撮影後、毎度おなじみ、羽後飯塚~大久保のストレートにやって来ました。それにしても、前回の95号機充当時より鉄の人出は思いっきり少なく、肩透かしに遭ったような気分です。何度も走っているとなると、わざわざ、これだけのために遠征する鉄の数は少ないのでしょう。そういうシチュエーションの下、くたびれた塗装で走ってくる虹ガマ。ああ、文科系鉄の心の琴線がわなわなと震えます。

残念ながら、手前の田んぼの刈り入れはすっかり終わってしまって、ここ桜田順光アングルは、すっかり、冬の枯野に向かう雰囲気です。相変わらず、お天道様は雲に出たり入ったりしていますが、通過時には光量8割、まずまずの結果と相成りました。ここまで来たら、秋から冬のカシオペア返却回送、まだまだ新規アングル開発、もう少し行きたいと思います。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR