製造90年、最後の4輌

180602ayanocho3.jpg
我孫子道で折り返して、もう一度、浜寺へ向かう166号の貸切電車を、そのまま綾ノ町で、今度は横断歩道を渡って、一部で有名な(笑)「はんこ屋バック」のアングルで待つことにしました。クルマに被る確率が上がるのを嫌ってか、皆さん寺地町のほうへ移動してしまい、寂しく自分一人で待機となりました。冬場のこの時間は順光だった記憶がありますが、今はガングロ、ま、仕方ありませんね。

そのバックの永木白文堂さん、検索して見つけたHPによると創業60年だそうで、やっぱりなかなかの老舗だったんだなあと思いましたが、手前に写る阪堺モ161型はそれ以上の90年選手。堺LRTの頓挫により延命しているとはいえ、営業線に出ているのは161、162、164、そしてこの166号の4輌に漸減。活躍を始めた堺トラムの増備いかんによっては、決して安泰とは言えないのでしょう。

再び浜寺から帰ってくる緑金太郎を待つことなく、ここで阪堺は撤収、12時過ぎののぞみに間に合うように新大阪へ向かいました。乗車前に、復活した八角弁当をゲット、車内で昼飯にしましたが、大阪駅の大丸か阪神まで行けば、「新幹線グルメ」の時代に名を馳せた「御堂筋弁当」も復活しているとか。はたまた、新大阪駅でいちばん旨いビーフカツサンドはヨコオだとか、大阪・駅ナカグルメの種は尽きまじ、でした。


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

阪堺・緑の金太郎!

180602ayanocho2.jpg
先週末の土曜日(6/2)、K谷さんにお誘いいただいて、阪堺電軌の「緑金太郎」166号の貸切運転を撮りに行ってきました。近年、茶色レトロやオリエント急行などに塗色変更を重ねてきた166号が、昨年秋、60~70年代の阪堺の標準色だったこの塗色に先祖帰りしたと聞いて、一度、きちんと撮りたいなあと思っていたのでした。

通常はなかなか浜寺公園への運用に入らない166号を、綾ノ町や御陵前といった好撮影地で捉えられる、絶好の機会となりました。この季節、午前中からトップライト気味なのは、仕方ありませんが、我孫子道へ戻る上り貸切電車を、綾ノ町で順光でゲット、クルマ被りも一瞬の差で回避、せっかくの晴れを生かすことができて、満足、満足。

専用軌道に入っていく166号を見送りながら、こういう古い電車のこういう色、少し違うのをどこかでみたことあるなあ、と思い出したのは、遠い昔の京都市電の500型でした。グリーンもクリームももっと渋い色で、もちろん金太郎ではありませんが、京都でアラカン同窓会の続く昨今、昔の友人にもう一人、再会したような、いい気分になりました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

セピア色の街からやってきた

180331sanbashi2chome7.jpg
電動貨車1号の次に、明治の開業当時の車両のレプリカ版「維新號」、ついで今回いちばん撮りたかったオーストリア・グラーツ市電320号がやってきました。とさでんには、他にもノルウェーのオスロ、ポルトガルのリスボンからやってきた海外のトラムが在籍していますが、いずれも現在は定期運用はなく、貸切・イベント運転のみに使用されています。一時行なわれていた週末の運用入りも絶えて久しく、今回の貸切撮影は、またとない機会でした。

赤い屋根のシックな街並みが続き、「セピア色の街」と呼ばれるオーストリアの古都・グラーツ。今も旧市街ではトラムが大事な交通機関となっているようです。この320号(グラーツ時代は204号)が高知にやってきたのがもう25年前のこと、いまだにグラーツ時代の車体広告や車内ポスター、車体前部下のグラーツ市章なども残っていて、見知らぬ街角を想像するだけで楽しくなりますね。

ほんの少しトップライト気味だった光線も、トリのグラーツ市電が登場する頃には、ほぼ桜田ド順光。じっくり撮らせていただいた形式写真風をお目にかけましょう。電鉄倶楽部さんの前回のチャーターではオスロ市電も登場したとか。私は残念ながらそちらには参加できませんでしたが、まだ見ぬオスロやリスボンのトラム撮影の機会があらんことを期待して、少し通常の路面電車を撮影してから、土佐の高知のはりまや橋を後にしました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

土佐の電動貨車!

180331sanbashi2chome3.jpg
再度出撃した山口線の前に、もうひとつ、積み残していたネタ、電鉄倶楽部のKさんにお誘いいただいた、高知のとさでん交通のユニーク車両の貸切運転の報告をすませたいと思います。今回のチャーターは、電動貨車1号、維新號、グラーツ市電の3両が次々と本線に現れては、撮影好適なポイントでで停車するというもので、朝から回復した天気もあって、すっかり堪能させていただきました。

まず最初は、「よさこい祭り」の花電車以外にはめったに本線に出ない、電動貨車1形1号。1952(昭和27)年の製造、というだけで十分レトロですが、種車は1904(明治37)年、土佐に路面電車が開業した当時のものだというから、驚きです。花電車、というのがどの時代からあったのかわかりませんが、本来の工事資材運搬などに60年以上使われ、種車の製造からは110年以上経っているというから、まさに高知のヌシ、凄い存在ですね。

吹き抜けの(笑)形式写真やサイドアングルを十分撮らせていただいたあと、大急ぎで桟橋通2丁目の横断歩道橋に上りました。そんなに長い望遠でなくとも、すぐに長さが圧縮されて、余白あり過ぎ(爆) クルマの行き交う高知の街に、ちょこんと佇む、という風情になりました。こりゃあ、よさこい祭りの花電車も撮りたいなあ。久しぶりの高知、久しぶりの路面電車撮影を今日はかなり楽しめそうです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

昼過ぎ入庫~スランプさん

170528otsukaekimae3.jpg
土曜日(6/10)、都電7022号がおそらく最後の運用に入っているのを、例の車両検索サービスで知り、午前中の用事を片付けて、撮影に向かいました。そうか、翌日の撮影会を前に、お名残り運転なのだなあ、と町屋へ向かう千代田線の中で、今日はバラを絡めて撮ろうかなどと考えながら、現在位置を再度検索すると「車庫」……何と、早上がりで荒川車庫へ入庫してしまったのでした。

ま、昼に一度入庫はよくあるよね、また午後に出てくるのかな、と昼飯食べながら待ちましたが、ツイッター上には奥の検修庫まで入った、今日はもう出ない、などの情報で、あえなく終了。翌日の撮影会には、非鉄な所用により参加できない自分にとっては、2週間前の大塚でのほろ酔いカットが、最後の7022号走行記録となってしまいました。

ああ、飛鳥山でも大塚でも、ヤブ○医さんと撮影後の一杯、できなかったなあ。そして、なつかしの早稲田ふらふらして、そのあとの一杯もできませんでした。で、この日、何とか態勢を立て直して、天気の良い方角に転戦を試みたのですが、久しぶりのスランプな一日になってしまいました。はい、「ブログ上では、行かなかったことにする」(大○核爆) 今週は穴埋め記事が続くこと、どうぞご容赦ください。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR