日緬フラッグ編成

170217yangon1.jpg
金曜日(2/17)、お休みをいただいて、週末のミャンマーに行ってきました。最も過ごしやすいと言われる冬の乾季は、初めての訪問です。雨は降らない、雲は少ない、天気はほとんど晴れという、撮り鉄には理想的なシーズン、行ってみるとまさにその通りでした。クマオペアはもういいよ(笑)……というのは半分冗談にしても、お天道様のおかげで、たくさんの桜田カット、斜光線カットを撮らせていただきました。日が短い、というデメリットを凌駕する、素晴らしい光線状態が続きました。

今回は羽田からTG便、バンコク経由でヤンゴンへ。着後、国内線乗り継ぎの合間を縫って、まずはヤンゴン環状線で小一時間の撮影を敢行しました。空港至近の駅に早速現れたのは、JR東からのキハ40系列、それも日緬フラッグのステッカーが貼られた編成でした。ヤンゴン環状線のRBE(日本からのDC)に、広告ラッピングが施された車両があっという間に増殖した中にあって、2編成ある日緬フラッグ車は、JR東北気動車色を残しており、いちばんの「ネタ車」といえる存在のようです。

それにしても、貫通扉が閉まっていたのはラッキーでした。もちろん、桜田狙って、邪道後追い(爆) 光線が素晴らしい代わりに、この季節のRBEは、ほとんど貫通扉が開いています。たまに閉まってくるのは、こうして最後尾がほとんどです。おそらく、出区時は閉まっていて、すぐ開いてしまう最前部と違って、そのままということもある、そんな感じではないでしょうか。そして、たまたまやってきたこの編成、貫通扉にフラッグのあるほうだった、という幸運に気づくには、ちょっと時間がかかったのでした。


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

くまモンと渋谷へ 2

170215shibuya1.jpg
で、夜のくまモンに続いて、昼のくまモン、撮ってきました。場所はもうここしかない(笑)、東急地上渋谷駅の最末期に忽然と現れた有名撮影地です。この場所、何の後ろめたいこともないのですが、平日昼下がり、時おり通り過ぎるのは、上品そうな女性ばかりで、、、ま、こちらも仕事中のスーツ鉄です。別に恥ずかしい服ではない。場違いなのは、デカいレンズのカメラ持ってることだけ(爆)

やっぱり、工事現場然とした画面になるなあ、と思いましたが、何とかデカいほうのクレーンをかわして、109や東急本店へ続く街並みを何とか入れ込みます。フェンス越しにJRの電車が顔を覗かせてくれたのも、ラッキーでした。やがて、気がついてみたら、銀座線も、JRの駅もすっかり変わってしまって、この有名撮影地も、何年か後には、用をなさなくなっているのかもしれませんね。

そういえば、渋谷の道玄坂を上っていくと、熊本料理の居酒屋があって、震災直後に応援イベントに行って以来、すっかり気に入って、何度か飲みに行きました。目黒の熊本出身の美人ママの店は、このまえは予約がとれなくて、残念だったなあ。なんてふうに、夜の巷に思いを馳せていると、久しぶりに熊本に行って、上熊本支線の01系くまモン撮ってから、飲みたくなりました。





テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

クマオペア挽歌

170212shimamatsu-kitahirosh.jpg
8009レ追跡の最後は、ここのところ、光線優先で札幌市内ばかりへ行っていたので、千歳線内でのカットを押さえたくなりました。輪厚スマートインターのおかげで、恵庭インター利用時よりはかなり時間短縮、有名アップダウンポイントには間に合いそうにありませんでしたが、その先の踏切に何とか間に合いました。先客お一人とご一緒に、雑談しながらのわずかな待ち時間、ここでもしっかりと日差しが出ています。

ほんとうは思い出のアップダウンで撮りたかったけれど、なかなかどうして、こちらのポイントも、背景の木々と線路面の雪がいいバランスです。光線はほぼ逆光ですが、雪の照り返し、いわゆる雪レフが、やや暗い空の下に列車を浮かび上がらせて、悪くない1枚となりました。それにしても、シャッターを切って数秒で、背後からは近郊電車が……ああ、ほんと、カブらなくてよかったなあ(笑)

そして、明日(2/19)、来週(2/26)と、ラスト2回のクマオペアは、別の出撃のため(大○核爆)、出撃捕獲が叶いません。はるか昔のDF50やDD54以来、二度と見られるとは思っていなかった(除く・ななつ星、笑)、箱型DLの牽く客車列車を、去年の夏、今年の冬と、ほんとうに楽しませていただきました。苦境が続く北の鉄路ですが、再び、レッドクマーが客車列車の先頭に立つ日のあらんことを、切に祈りたいと思います。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

思わず、カツカツ

170212shiraoi-shadai8009.jpg
翌朝(2/12)、朝イチの青987便で、三たび、冬のクマオペア捕獲のため、千歳へ向かいました。予報は曇りと小雪の間を行ったり来たりしていましたが、どうやらこの後の2度の週末にこちらには出撃できそうになく、ならばもう一度、電化区間の曇りアングルをこなして、お別れにいたしましょう。それが、千歳に着陸する段になって驚いたのは、バリ晴れとはいきませんが、何と、日が差していたのでした。おお、これはもしかしたら晴れカットが……?!

社台ファーム近くの踏切には、ほぼ10年ぶりの再訪でした。前週の富浦同様、追っかけ含めて数名と予想していたのですが、何と、8009レ通過まで誰も現れず、、、増えた増えた、どこ行っても人ばかりといわれる昨今でも、こんなこともあるのだなあ、と思ったところで、あ、そうか、線間の工事部材、青いネットを皆さん嫌っているのだな、と妙に納得しました(爆)

で、晴れるとなると、電化区間では架線や架線柱の影落ちが、どのコマに発生するかが問題となります。この赤熊、けっこう窓が大きいので、影落ちの影響が他より大きいのですね。連写はしているのですが、何せ秒間4.5コマ、最も影のないカットを選んだら、ラストのカツカツになりました。駄菓子菓子! こうしてみると、カツカツもいいものですね。再び、鉄もいくつになっても、しなやかに、アグレッシブにいきましょう。いいではありませんか、カツカツ!





テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

一人たぬき、のはずが。。。

170211washikuri8009.jpg
くまモンの乱入がありましたが、土曜日(2/11)の近場鉄・夕方編、「カシオペア紀行」またまたギラリならず!に戻ります。朝のニゲザンク甲種から一度帰宅、家事をこなした後、ヒガハスより日没直前の好天が見込めそうなワシクリへ。1時間前に現地に着いた頃は100パーセントの光量の夕陽でしたが、露払いのタキ貨物が来るころから徐々に曇ってきて、結果、ご覧のように、ほんの少し、赤みを帯びて鈍く光るだけ、となりました。

で、Gさんに久喜まで送っていただき、湘南新宿ラインに乗ったところでは、そのまま帰るつもりだったのですよ。それが、魔が差して赤羽で下車、京浜東北で東十条、そう、一人たぬきでちょっと飲んで帰ろうという算段でした。まさか、鉄宴会はやってないよなあ、と扉を開けると、真正面にY下さんの笑顔が……見えない背中がY野さんであることは、見なくてもわかります、核爆。

しかし、大学の同級生で、同じように鉄やり続けて、一緒に飲み続けてるなんて、ほんと、可笑しいよなあ。久しぶりに、お二方のボケとツッコミ、ならぬツッコミ2ヴァージョンの掛け合いを楽しませていただきました。皆、埼京線で帰ろうと、十条駅までのほろ酔い歩き。バカな話がほとんどだけど、今夜はしみじみした話もしたなあ。オヤジ鉄三人でそうしている間も、「カシオペア」は、ひたすら北へ向かっていたのです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR