大阪駅環状1・2番

170921osaka1.jpg
京橋での回送入庫シーンで撮るのは最後かも、と思った大阪環状線最後の103系、近モリLA4編成ですが、例によって、始まりました。アマノジャクなラストスパート(笑) 急な所用もあったのですが、その後、2度の大阪行き。 はい、いろいろ撮ってます。まだ、撮り足りない。ついでに、京橋の居酒屋も飲み足りない(爆) 我ながら、この期に及んで、やっぱりやるかって感じです。

まず撮っておきたかったのが、大阪駅環状外回りホームの夜景でした。今みたいな大連絡橋ができるずっと前、現在の1・2番線は環状1番、環状2番で、京都から快速や新快速で到着して地下道でホームを移ると、外回りだと一番前、内回りだと一番後ろになるのが常でした。いつ乗り換えようとするときも、東海道快速ホームの何倍もごった返していて、子供の頃は怖いぐらいだったのを思い出します。当時は101系、いやその前の73系か何かだったのか。。。

そして、高運転台の103系を夜見ると、思い出すのは、大学に入りたての70年代半ば、夜遅くなって緩行線にやってくる西トタの103系です。特に夏はクーラーが付いていて、これが来るとうれしかったなあ。考えてみれば、そんな思い出話を40年後にしているのですから、103系の長命ぶり、、以て瞑すべし、であります。10月3日までのカウントダウン、しかと見届けようでは有馬温泉! しかし、ほんま、なんでやねん(核爆)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

台風一過、夏富士

170918mitsutouge-kotobuki95.jpg
台風一過のこの日(9/18)、三つ峠へ向かう道中、富士山がくっきりと姿を見せていました。雪をまったくかぶっていない、夏の富士山をこんなにクリアに見たのは、初めてでした。台風直後に残った強い風が、雲を飛ばしてくれているのでしょう。駄菓子菓子、189系が続行で来る10時過ぎにはもう靄っているかも……心配は尽きませんでしたが、M50の「ホリ快」撮影段階でまだしっかり見えていたので、次のM51「山梨富士3号」は、富士山バックの超有名ポイントへの移動を決断しました。

もちろん、邪道・後追いです(笑) でも、今日のこの夏富士と国鉄色、このアングルで撮らないわけにはまいりません。邪道の中の邪道、邪道の白眉です(爆) 10時半過ぎですから、太陽もサイドでもずいぶん後ろのほうに回ってしまいましたが、まだこれだけ当たっていたら、いいでしょう。珍しくクリアな夏富士と国鉄色の組み合わせに感動のうちに、後追いで慎重に輌数を数えながら、連写しました。

三連休最終日です。これ撮れたのだから、渋滞しないうちに帰りましょう、、、と、中央道もスムーズに帰ったところまではよかったのですが、夕方の晴れ写真も撮りたいなあ、と思ったのが運のつき、せめて青ガエルにしておけばよかったものの、ふらふらとたどり着いたのは、小田急線開成16時。結果、クルクモルで「行かなかったことに」(核爆) ジェットコースターのような秋の鉄日和の一日でしたとさ。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ホリ快固定?!~189系M50

170918mitsutouge-kotobuki85.jpg
首都圏で台風一過の好天となった三連休最終日(9/18)、休養せいぜい撮っても青ガエル(笑)の予定でしたが、こんな天気に撮らないのはもったいない、と久しぶりの自車鉄で「朝だけ富士急」に出撃しました。ターゲットは189系2本、おそらくM50とM51、昨夜の嵐とはうって変わった青空の下、まずはあずさ色のM50編成が、「ホリデー快速富士山」でやってきました。

ここ最近、M50編成はこの「ホリ快」運用ばかりを繰り返しているようです。連休などで豊田・長野の189系4編成が総動員となるときも、臨時の「あずさ」や「かいじ」に充当されるのはいつも国鉄色のM51とグレードアップあずさ色のM52、さらに長野のN102だったりして、たまにはM50の「あずさ」や「かいじ」を見てみたい気がします。前面の特急シンボルマークがない「のっぺり顔」ということもあって、すっかり脇役的存在になってますなあ。。。

「ホリ快」と続行の「山梨富士」の189系2本では、ほぼ毎週のネタだからでしょう。鉄は文字通り数えるほどで、のんびりしたものです。ガングロ承知のインカーブカブリツキで待ち構えるのも、先客の方と二人きりでした。実は、振り返って、先の踏切まで行くか、最後まで迷ったのですが、それは次の「山梨富士」のときにとっておくことにしました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

青ガエルか、ク○ガエルか?!

170916jiyugaoka-toritsudai1.jpg
しかし、東急東横線ぶっちぎりク○電の5050系のデザインが、名車・青ガエル5000系の系譜に連なっているとは知らなんだ。駄菓子菓子! 著名インテリアデザイナーが言うのだから、間違い有馬温泉。とりあえず、桜田順光は先日押さえたので、次は影落ちのない曇りの日に、あらためて前面の曲線が青ガエルに見えてくるかどうか、、、正面狙いならここ、の亀屋万年堂ポイントに再度、出撃しました。

例の「くろまる」サイトで運用を調べようとしてちょっとびっくりしたのは、東横線は副都心線との直通により「メトロ各線」のカテゴリーに分類されていることでした。つまり、池上・多摩川線のほうが、独立していて、えらい(爆)……かどうかはともかく、同じ週末でも、晴れた前回には10名近くの鉄が、青ガエルもどきを待ち構えていたのに対し、今にも小雨が降り出しそうなこの日(9/16)は、私と少年もう一人だけでした。ま、来年春まで走るから、ゆっくり撮ればいいわけですね。

大学受験で日吉の学生ハイツから都内に通った40年前、時おり各停でやってくる青ガエルに目を見張ったのを、今も鮮明に思い出します。この日の「もどき」は、偶然ながら、渋谷止まりを含む各停運用を繰り返しており、そうだよなあ、青ガエルは各停だったよなあ、と遠い目をしてしまいました。次回は秋深まった頃、でんや踏切で桜田逆光、架線とビルの影落ちバンバン写真を撮って(嘘爆)、おでんと女将のうなじに温まることにいたしますか。



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

東と西で見送るのか~201系

170917osakajokoen3.jpg
夜半の台風が九州へ近づいていて、下手すると日本列島縦断の可能性もありそうで、翌日(9/17)は新幹線が通常運転のうちに東京へ帰ることにしました。件の近モリ103系LA4編成も今日はお休み、もしくは夕方出庫のようで、「休日の終日運用にはなかなか入らない」「入っても朝か夕方だけ」という、昨今の通勤電車最終編成の運用の法則みたいなものが、ここでも実証されてる感じです。

天王寺のホテルを出て、もう新大阪へ向かおうかと思ったところで、雲の合間から薄日が差してきました。ならば、次になくなる(笑)201系を少し撮っていきましょう。昨日、コンサートへ向かう前に気になって、何気にアングルを確認しておいた駅先端。バックの森がいい感じだなあ、と思ったところで、線形も架線柱の様子も違うけれど、中央快速線の千駄ヶ谷あたりの森バックと、雰囲気が似ていることに気づきました。

わずか1編成のラストラン期間となった103系に比べて、201系はまだそれなりの頻度でやってきますが、続けてきたと思えば、ピタッと来ない……ああ、中央線もこうだったよなあ、と東と西でオレンジの電車のフェイドアウト進行を見守る奇遇みたいなものを感じます。ここ最近のリニューアル計画で、環状線の各駅も躯体は同じながらも、ずいぶん雰囲気が変わりました。ガード下の居酒屋探して、焼酎飲んで、きずし食って、今のうちに、もう少し撮り歩きたいと思います。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR