ひとつ手前の踏切

170122gunmafujioka-tansho92.jpg
高崎を午前遅くに発車する、件の八高訓練、試9220レを待ち構える鉄は、丹荘手前の踏切に幾重にも折り重なって集結していました。その隙間に入れないことはなかったのですが、ふと見ると、ひとつ手前の踏切には、復路のための置き三脚が数本あるばかりで、これから来る往路列車を狙おうとする人はいません。前週、復路の後追いでアングルは確認していたので、激パを避けて、こちらで撮ることにしました。

とりあえず、夕方までの晴れ予報です。少なくとも、往路は大丈夫そうです。そうなると、昔に比べるとやや情弱気味な初老鉄(笑)、急にウヤになったりしないだろうかという心配で、旧友Tさんと顔を見合わせます。ツイッターで高崎発車を確認してやっとひと安心、その数十分後、おかげさまで、ほぼ不満のない桜田写真を、つつがなく撮らせていただきました。

駄菓子菓子!(またか、爆) やはり、激パポイントにはそれなりの理由があるもので、このひとつ手前の踏切で撮ったこの写真では、遠景の山々がまったく画面に入りません。あと、いいアクセントになるかと思った、短い鉄橋も、位置的にちょっと中途半端です。とは言って、自分にすぐできることではありませんが、子供連れの家族込みの情景写真に、寸前で切り替えたGさんの素早い動きを、ちょっと羨ましく思ったりしたのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ジョイフルDCはいま

151122kuroimura-umegatouge8.jpg
で、今日(1/22)、八高訓練リベンジ、行ってきました。おかげさまで、晴れ、桜田! 駄菓子菓子(しかしS倉さんのマジメなブログにもこの大○フレーズがたびたび登場するとは、爆)、その報告は次回以降にして、T野さんのブログにいいこと書いてあったので、今夜はそれを受け継いだエントリーにいたします。ポジティブと、ネガティブ。鉄には両方がいるけど、どうせなら、ポジティブにいきましょう。

この写真、昨年「トワイライト」を山陰線に撮りに行ったときの、ついでの1枚ですが、この「みすゞ潮彩」、来週(1/29)がラストランだそうです。そういえば、先日、日光線に「風っ子」が入線した時も今市の有名ポイントには数十人が出撃していたそうだし、「Kenji」も撮ってみるとなかなかいいものですよ、などという話も聞きました。ウン、それもそのはず、皆、出自は国鉄型DCです。ということは、寿命が決して長いわけではない。。。

京急の台湾ラッピングはともかく、東武の「クレヨンしんちゃん」撮ったあたりで、ラッピングや改造系車両に対し、ポジティブ方向に舵を切った自分がいるようで、若干怖いです(笑) 昨日と違う車両を撮る、昨日と違う写真を撮る。いつもいつも、そういうわけにはいきませんが、撮るものがない、と嘆く暇があったら、ポジティブでいきましょう。ま、来週末、こいつのラストランに行くかどうか、はまた話が別ですが(爆)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

素晴らしき八高訓練

070115matsuhisa-youdo.jpg
ここ数年、ある程度の頻度で運転されている八高線の乗務員訓練の凸+旧客+凸ですが、1/15から始まった今回は、旧客5両という、見ごたえ、撮りごたえのある編成で運転されています。初日の日曜日、房総のデゴイチ試運転も気になりましたが、そちらはなかなか撮りたいポイントがなく、久しぶりの八高訓練を迷わず選択しました。

それにしても、この編成、2017年に生き残った国鉄ライクな列車の中でも、一、二を争う、スラバヤしさではありませんか有馬温泉! ましてや、原色DD51は前も後ろも御召仕様機、乗客がだれも乗っていないので窓も全部閉まった状態と、奇跡のようなエクステリアが桜田順光に映える!……と思ったら、ご覧のように少し陰りましたが(大○核爆)

中途半端に開けたところばかりの八高線、5両という長さが逆にネックとなり、限られたポイントに鉄が集中したようです。それも、カブリツキ気味の若者アングル(笑) こちら中望遠おじさんアングル、いや、初老アングル(爆)はそれほど混雑することもありませんでしたが、雲を運ぶ北関東空っ風のおかげで、復路はすべてゲリラ雲にやられて、リベンジを期すことになりました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

初詣臨 2017

170107higashikanagawa1.jpg
デハ、通常の国内ネタ鉄に戻ります(核爆) 今年も正月といえば、成田臨鎌倉臨高尾臨です。トタ189系の運用には国鉄色M51編成が重点的に投入され、三が日の我孫子口はまだ中国から帰ってくる途中で(笑)撮れませんでしたが、三連休初日(1/7)の鎌倉臨を、何とか桜田で押さえることができました。

奇跡のゴハチ登板からすでに20年以上が過ぎ、PやPFの牽引客車の時代を経て、今や初詣臨は185系を中心とする電車の時代になりました。おそらく数年後には撤退を迎える185系だって、充分貴重なのですが、189系の登板はもしかしたら今年が最後?と思うと、大宮所属時代は装備されていた「初詣」マークが今はないことが、惜しまれてなりません。

この日はほかにネタが多数あったせいか、東海道旅客線横浜市内で迎える鉄も、いつもよりは思いきりまばらでした。ゴハチ時代の懐かしの我孫子口で撮れなかったのは残念でしたが、お正月が終わった季節の冷たい空気をつんざく初詣臨独特の雰囲気、ああ、これは変わらないなあ、と新年の緊張感再び、背筋を凛とさせてみたのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

再見、三道嶺

161231sandorei1.jpg
で、三道嶺雪景色の大晦日、新正月は専用線の列車運行には関係ないと思いきや、午後早い段階で炭鉱自体が操業停止、あとは東駅に戻っていく北駅からの列車を待ち構えるしか仕方ない状況と相成りました。晴れてはいるものの、天山山脈はまったく見えず、山バックアングルは去年のリベンジならず!と思うと、忸怩たる気持になります。

駄菓子菓子! はかなくも美しい夕陽の時間が、眼前に展開され始めたのです。 いやあ、これは想定外だったよなあ。おりしも、この日の最終列車となってしまった重車編成が、長い煙をたなびかせて、夕陽の方角へと走り去っていきます。2016年末、中国現役蒸機の大団円です。15年来の撮影の歴史を踏まえて、万感の思いで見送りましょう。

明けて新年、三道嶺の建設型蒸機は、旧正月以降、いつまで残るかどうか、いまだ諸説かまびすしく、年明けすぐに続いて、さらに草木もなびくツアーがいくつも追加設定されていると聞きます。私ももう一度、行きたいというのはもはや夢のまた夢、夕陽の彼方へ見送った最後の現役蒸機の後ろ姿を、何度も何度も思い出しては、ため息をついているのです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR