FC2ブログ

ファランポーン帰着

20181209234256b75.jpg
北斗星色DD51との感動の邂逅の後、ファランポーンへ帰る貸切列車に途中乗車(笑)して、とっぷり日の暮れたタイ東線を、バンコクへ向かいました。やがて、タイ国鉄にしては若干の遅れで、ファランポーン到着。貸切メンバーの記念撮影が終わってもなお、ジャパニーズPCが多く連結された編成は、推進回送の発車まで、静かに佇んでいました。

そういえば、ファランポーン駅前の、ゴザのソムタム屋台、行きたいけど、勇気あるかなあ(笑) 次回バンコクに来るときも、この駅前に宿をとって、できれば冒険しましょうか。

貸切ツアーの皆さんの姿もいつの間にか消えた頃、広角気味ながら、編成写真を撮るチャンスに恵まれました。ま、今回はこれでいいよね、と自分を納得させつつ、ちょっとタイにもハマりそうな自分が怖くなりながら、青夜行便の待つスワンナプームへ向かいました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

青いDD、重連出区?!

181124nonplahdugjc1.jpg
ナムトクからバンコク・ファランポーンに戻る復路の910レは、途中駅の停車時間も少なく、編成写真を撮るのは、もう絶望的でした。一部の参加者の方々と、タクシーで先行して有名な木橋のところへ撮りに行く、というプランもあったのですが、ノンプラドックで見た青いDD51が心を捉えて離しません。幸い、1時間少し前に先行する定期列車があり、910レもノンプラドックで停車あり。ならば、撮りに行きましょう、と決定であります。

そんなわけで、予定外に乗車したローカル列車、半分ぐらいは寝ていましたが(笑)、のんびりして、楽しかったなあ。車販も公認だか非公認だかわからないモノを次々に売りに来て、言葉わからないのに、声をかけられる。ついつい、B級グルメの本領発揮、今度はがパオごはんみたいな弁当を買ってしまいました。ただ、天気は晴れているのですが、日がだいぶ傾いてきました。ノンプラドックの斜光線、けっこう微妙です。。。

はい、何とか間に合いました。ご覧のとおり、手前の重機の影、カマにかかる寸前でした。しかし、日本当時の機番で使われるなんて、聞いたことないし、もう泣けてきますね。まさに空知運転区か、函館か。これから「北斗星」のマークを装着して、重連で出区! 年が明けて整備が完了すれば、JR北時代の工臨よろしく、複線工事の機材を載せた貨車を牽くのでしょうか。これは、海外鉄きっての、凄いネタが出現したものです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

C56保存車は順光で

181124kwairiver1_1.jpg
DD51発見の興奮も覚めやらぬまま、いよいよ909レは、「戦場にかける橋」で有名なクワイ川鉄橋駅に到着、20分ほどの停車時間があり、駅前の保存車両を見ることができました。相変わらず、客車の編成写真を撮ろうとすると逆光、駄菓子菓子! 保存車両の中で最も撮りたかったC5623号機は桜田順光です。何と言っても、初めてタイで見る、タイ仕様のシゴロクです。こちらも、それなりの興奮を隠しきれませんでした。

戦時中、泰緬鉄道に90輌が渡ったシゴロク、2輌が今もバンコクのトンブリに動態保存されていて、何とこの翌週、クワイ川フェスティバル(?)みたいなイベントに煙をはいて登場、夜間走行シーンもあったと聞いて、びっくりするやら、地団駄を踏むやら、でした。ツイッターで見た、昼間に煙り出して停まってる写真、よかったなあ。タイも台湾同様、直前告知が多く、ハードル高そうですが。。。

そういえば、大井川とあまり縁のなかった私、C5644号機のタイ仕様は、撮ったことがありません。同機が日本国鉄仕様に戻ったのが8年前、ああ、撮っておけばよかったなあ、と思っても後の祭り(笑) 大井川鉄道さまに再度タイ仕様を、とお願いするのも勝手な話なので、いつか、タイの動態保存車が動くチャンスを狙いたいと思う今日この頃です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ノンプラドック、青いDD51!

181124nonplahdugjc5.jpg
ナコンパトムから40分ほどで、泰緬鉄道起点駅の石碑が残るノンプラドックに差しかかります。この駅の構内に、青い北斗星色のままのDD51が2輌、留置されていることが、少し前からツイッターで話題になっていました。これは、撮らねばなりません。幸い、乗り鉄中の909レ最後尾は展望車、数日前に訪問されたSさんに伺うと、構内手前の進行方向左側とか。展望車に出て、走行中に撮影するために、シャッタースピードを早めに設定しました。

おお! いた! 1輌はラッキーなことに屋根の外へ出ています。その後ろの車庫の中に、もう1輌。キャブの流れ星マークもそのままに、一度は外されていたというナンバープレートのところに、DD511137、1142の新しい切り抜き文字(?)が書かれています。逆光なのがほんとうに残念ですが、幸い、ごくわずかの停車があり、貸切列車が動き始めてすぐの場面で、こうしたカットを撮ることができました。

このDD51、タイ国鉄南線の複線化工事に使用されるため、先日のマレーシア同様、国鉄ではなく工事請負会社の所属だそうです。以前なら、塗装は変わってしまうのが通例でしたが、今回はこのまま使用されることになりそうだとか。客車のほうは色が変わっていますが、この瞬間も、この青いDD51は、観光列車に連結された14系と顔を合わせているんですなあ。「はまなす」で毎日牽いていた客車と、、、後で聞くと、車入れが行われて数日後だったそうで、いやまあ、凄いタイミングで撮らせていただきました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ナコンパトム停車

181124thai1.jpg
ファランポーンから約1時間、オハネ14改造展望車とスハフ12改造食堂車を最後尾に連結した、ナムトク行き909レは、ナコンパトム駅で40分の小休止に入ります。駅前広場からの道がそのまま仏教寺院に続いていて、露店のマーケットで賑わっています。駅のホームにも、非公認?の露店が並んでいて、30バーツ(=103円)でパッタイの弁当を買ったのですが、これが旨かった!

駄菓子菓子! B級グルメのほうはいいのですが、客車のサイドを効かせて撮ろうとすると、逆光側。やむなくホーム上からいろいろ撮ったのですが、引きがなく、工夫にも限界あり。たまたま入ってきた対向列車の機関車がらみで撮ったカットが、唯一、お見せできるものとなりました。やはり、乗り鉄で、停車駅で安易にいい写真を撮ろうとするのには、無理があるなあ(核爆)

話には聞いていましたが、タイ国鉄も、長大編成の客車列車が今なお主力となっていて、見応えがあります。その長い客車編成に、12系や14系がランダムに連結されることがあるわけです。やはり今度は、ちゃんと引きのあるところで、キチンとシチサン写真を撮らねばなりませんなあ。この日はもう編成写真は諦めモードに入りましたが、途中駅の一角にいるという、あのカマを車窓から撮るという、大事な目的が残っていました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR