FC2ブログ

崎陽軒だけが残った

210225yokohama.jpg
senrobataさんがSNSでアップされていた、横浜駅の崎陽軒売店アングル、早速真似させていただきました。ほんとうは、185系先頭部で1枚、といきたかったところですが、対向列車の僅かな遅れで被ったのだから仕方なし(笑) 斜めストライプで肖像権問題なしのカットが撮れたのだから、今日のところは満足いたしましょう。先頭部、残る日々、もう一度挑戦しますか、核爆。

それにしても、熱海、小田原、大船とホーム売店探して途中下車重ねたのですが、どこ行ってもニューデイズしかない。まあJR東のマーケティング戦略お見事というyしかないのですが、東華軒のこゆるぎ茶飯は昔はホームで買ったような記憶があるし、今は品川駅や東京駅を席巻した大船軒の小鯵押しずしやハムサンドも、できればホームで買いたいよなあ、、、

崎陽軒、さすがですね。シウマイという唯一無二の商品性の高さもさることながら、この駅弁業者受難の時代に、こちらだけが、斜めストライプの特急が伊豆へ発着するホームに生き残っているのですね。ありがとう185系記念弁当も、明後日(3/1)、予約販売受付と聞きます。斜めストライプのひょうちゃん目当てに、申し込みたいと思うのですが、さて。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ふらふらと、参戦します~185系

210225omori-oimachi.jpg
3月改正で定期運用からの撤退がアナウンスされている185系、ここのところ、各撮影地はかなりの人出になっているらしく、こちらはもう近鉄特急で疲れたし、まあ皆さんにおまかせしていいやと思っていたのですが、つい昨日(2/25)、またまたアマノジャクの虫がうごめき始めました。駄菓子菓子! もともと山登りは苦手だし、早起きして富士山に賭けるのも気が乗らない……そうか、思い出巡りをすればいいのか、と突然、思いつきました。

復鉄して、ゴハチを撮り始めた80年代半ば、183系や165系に代わって東海道を走り始めたのが、185系の「踊り子」でした。ここ最近、近鉄の「汎用特急」という言葉を知って、「踊り子」や「新特急なすの」なんて、スナック以下だなあと思ったものですが(笑)、今で言う「ピン電」(似たような言葉が当時からあったかなあ?!)、そして、ちょっと贅沢して「踊り子」自由席での帰り道、ビールに駅弁で185系のあのモーター音に心地よくほろ酔ったものでした。

16時過ぎに品川着の団臨スジをよく撮った、大森の貝塚公園先から、思い出巡りを始めることにいたしました。銀塩ポジを探せば、まったく同じような写真があるかもしれませんが、大森や川崎の海側や根府川下り、大磯二宮も撮影地消え去った今となっては、ここで35年前と同じ、サイドに夕陽が当たる写真が撮れたことは、けっこう感動でした。で、大森駅へ戻る途中、また思いついたのです。そうだ、senrobataさんの真似して、横浜にシウマイを買いに行こう!

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

今年も、冬の道東へ

210220kitahama9733D.jpg
今年も、冬の道東へ行ってきました。「SL冬の湿原号」が今年は2月いっぱいの運転と判明した段階で、3月に入ってのんびり行けばいいやと思っていたこちらは、大あわてで航空券手配、先週末は折りしも飛び石連休に重なり、やっとキャンセル待ちが落ちてきて、釧路空港往復、1泊の旅と相成りました。はい、相変わらず、天気予報睨みながらの短い旅しかできない自分であります(笑)

出撃前夜、ネットをガチャガチャ検索していると、前年はステンレスのキハ54で運転された「流氷物語号」が、今年はキハ40で運転、とのリリースに行き当たりました。ああ、でも、ゲームとタイアップした変なラッピングね、と思いきや、ツイッターで写真を見ると、う~ん、悪くないかも……そう思うと、アマノジャク鉄の本性がムクムクと……結果、湿原号は撮らないで(笑)、釧路空港から片道2時間強のドライブで、オホーツク沿岸まで、行ってしまったのでした。

残念ながら、流氷の接岸はありませんでしたが、「SLオホーツク号」撮影以来8年ぶりの北浜駅お立ち台から撮影スタート。何せ、49年前にシゴハチ撮りに来た、思い出の撮影地であります。もう一つ残念だったのは、北浜の駅舎を生かした喫茶店が満席でカレー食べられなかったことでしたが、北海道ならでは、セイコーマートで仕入れたサンドイッチ食べながらの待ち時間、ああ、この冬も北海道に来たのだなあ、と何だかいい気分になったのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

沈む夕陽と、帰り道

210222hasuda-higashiomiya-shi9532.jpg
ヒガハスに、カヤサンド夕暮れカットのリベンジに行ってきました。首都圏近郊超有名撮影地のヒガハスですが、ここ最近、午後から夕方の上り列車を撮るアングルは、いわゆる「草ボウ」で、佐倉先輩のように綺麗な流し撮りができればともかく、シチサン写真を基本とする私なんぞには、ああ、もったいないけど避けるしかないよね、というマイナスイメージの撮影地になってしまっていました。

駄菓子菓子! この季節の夕暮れにも、「カシオペア」のギラリ狙いで通った思い出捨てがたく、SNSのタイムラインに登場する皆さんの作例をああだこうだと検討した結果、カヤと139には草がかかるけど、95号機にはほぼかからない、往年の「カシオペアギラリ」の短編成ヴァージョンの、邪道(笑)後追いアングルを選択するに至りました。

カメラを片付けていると、学校帰りの小学生の一団から「まだ何か来ますか?」と声がかかりました。「いや、もう帰るところ」と答えると「あ、黒訓行ったところですね」と当たり前のように言われるのが、最近の凄いところ。こういうのって、何だかいいなあと思いながら、沈む夕日に魅せられて、駅までの道を辿るのは、何年経っても、いくつになっても、ほんとうにいいものだったのですよ。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

東西訓練談義

210219kataoka-kamasusaka4.jpg
昨日、今日(2/18~19)、いわゆる黒磯訓練の「カヤサンド」(笑)が連日運転されていて、好天に誘われて出撃しました。カマは虹ガマ95号機と、ゲサンクこと139号機。95号機が先頭になる往路は光線が厳しく、なおかつヒガハスでは連日カブリというハードルの高さ。今回は京浜東北並走区間で何とかカブらず撮れましたが、「順光で撮れるのはゲサンクばかり」という東の鉄の嘆きを、何と贅沢な、と思う西の鉄、というツイッターのタイムラインに思わず笑いました。

で、逆に、西の鉄は「網干訓練か、またDD+12系ね、何回も撮ってるやん」と思うのに対し、東の鉄は「何と贅沢な!」……黒磯訓練と網干訓練、近くにいるとまあこんなもの、遠くから見ると羨ましい、いつの時代も変わらぬ鉄のないものねだり、ここに極まれり、であります。いずれにせよ、機関車牽引列車激減の令和にあって、どちらも、今はかなりの頻度で走っているけれど、気がついてみたら、あれ? もう終わったの? ということになってしまうのでは、と思います。

昨日はヒガハスで、95号機のギラリ後追いを狙おうとして、ドン曇りで撃沈しました。どうせ曇りなら、と慣れない流し撮りやってみたけど、真似しようとした佐倉さんのお手本の足元にも及ばなかったなあ(笑) で、今日はオーソドックスに、ああ懐かしのカマス踏切見下ろすお立ち台。10数名の人出はやはりピークを越えたってことなんだろうなあと思いつつ、雲一つない晴天のもと、このメジャーポイントで撮れたことに大いに満足したのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR