奈良線解脱⁈

161207fujimori-momoyama1.jpg
昨日の水曜日(12/7)、京都の実家に所用があり、なぜかわざわざ青便で伊丹→京都駅→丹波橋のコースで、先日、光線を少し間違えた奈良線有名お手軽ポイントの再履修に行ってきました。終日晴れ予報に加えて、前回よりも1時間半早いスタンバイ、ご覧のような光線状態の下、桜田グリーンの103系で奈良線解脱、う~ん、前面の白帯さえなければ、昭和の山手線そのものなのですが。。。

先客は、高槻からの高校生ただ一人、人懐っこいというほどではありませんが、節度をもって礼儀正しく話しかけてくる姿には、大いに心洗われたのですが、話題が海外に及び、「台湾の莒光号、駅間で撮りたいんですよねえ」とか「三道嶺、一度は行きたいんですが、もうすぐSLはなくなるんですよねえ」などと聞くと、オイオイ大丈夫か、そのトシでそこまで知ってて、将来が心配だなあ(核爆)

撮影後、桃山まで歩いていって、桃山の駅がある程度古いまま変わってないのを見て、またまた長嘆息をつきました。そして、今は住宅地になっている途中の切通しこそ、奈良線C58の最終日に、午前中の授業が終わって駆け付けたところだった……どうやら阪和線のムトーさんは今日はお昼寝のようです。ならば、45年前の思い出をたどって、奈良線センチメンタル・ジャーニーとシャレこみましょう。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ムトーさん、桜田リハーサル

161204bishoen2.jpg
武生からのサンダーバード、今回は何とか座れましたが、自由席はほぼ満席。その車内で、ムトーさんことHK610編成が終日運用に入っていることが判明、大阪はドン曇り予報ではありますが、天王寺到着アングルのダメ押しと、桜田アングルのリハーサルのため、またまた新大阪から御堂筋線で阪和線へ向かいました。

阪和線の駅撮りといえば、浅香とともに、美章園が古くからの名所です。一度は桜田で押さえておきたいものですが、実はまだ行ったことがありません。ならば、来るべき晴れの日出撃のために、リハーサルしておきましょう。レンズ、切り位置、立ち位置。この天気のせいか、ムトーさん通過時にも、鉄はあと少年2名のみ。それにしても、関西の少年鉄はみんな礼儀正しくて、心洗われます。我がガキ鉄時代が恥ずかしいような(笑)

まだ昼飯を食べていなかったことを思い出し、改札を出て、店を探しました。いやあ、夜、行きたいような飲み屋が、ここにもたくさんあるなあ。スタンドカレーにも魅かれましたが、その先の中華料理屋、定食が旨そうで、決定! いかにも街場の中華、しっかり食べてしまいました。腹いっぱいで天王寺へ戻ったら、ムトーさんの折り返しをもう一度スナップして、帰途に就くことにしました。



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

福鉄急行色はいま

161204kitago1.jpg
日曜日(12/4)、また福井へ行ってしまいました。この日は北陸の一部だけが晴れ予報、ならばまたまた米原経由で行ってしまえと、行ってみればお目当ての610はまたまたお休みでした(核爆) 11月末でレトラムの週末運転も終了、もう撮るものありません(笑)おっとそうだ、西武生、もとい北府で寝ている200型が順光で撮れるのでは……はい、桜田でした。う~ん、満足。

しかし、この電車が走ることは、もうないのかなあ。ご覧のように、塗装もくたびれてきて、運転席窓からは「休止」の表示も見えます。単行600型とともに、福鉄急行色を残すこの2連、保存への動きもあるようですが先は不透明、とにかく、本線復帰への一縷の望みをかけたいと思います。しかし今考えたら、あてずっぽうで行った桜の季節、よくぞ2年も続けて、こいつが来たよなあ。。。

で、命運迫る610型の桜田写真ゲットは、そろそろ諦めムードに入らざるを得ないのかなあ、、、さすがにあと数週間の間に、平日朝、それも晴れ予報の日に来るのは、ハードル高すぎます。運用実績が垣間見られる、地元少年鉄のツイートをフォローさせていただきながら、そして僕は途方に暮れる、「サンダーバード」での大阪移動となりました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

タンコロ祭り、8年ぶり

161203gokurakuji4.jpg
新白河でクルマを返して、「なすの」で帰路につきました。おっとその前に、矢板までの追跡を敢行したのですが、間に合ったもののサイド潰れで思わず撃沈、それから新白河へ戻ったのですから、さすがに上野では抜けません。おとなしく、同行の友人G氏も秘かに予定していたという、江ノ電タンコロ祭りに向かいましょう(笑)

後で調べたら、前に大阪からひくまさん上京の折、このイベントに行ったのは、ついこの間に思えますが、もう8年前のことになります。ひくまさん、阪和線行ってもあたふたと撮って帰るばかりで、すみません。あ、次回は連絡します。南田辺の名店で一杯やりましょう。あの頃は僕らはアラフィフ、今やアラカン(核爆) 8年前と同じアングルは、今回のほうが光線が良かったのかな。同じように根気強く人波の途切れる瞬間を待ち続けたのでした。

紅葉の鎌倉。週末の江ノ電は相変わらず混んでいて、写真後方のカットモデルみたいな電車をスナップした、学生時代の淡い記憶を思い出すには、いささかあわただだしい鎌倉再訪となりました。駄菓子、江ノ電も、たまに来るのはいいなあ。アマノジャクはいつものことで、いつか一度ぐらいは、あのお祭りの併用軌道の人混みに身を任せてみるのも一興だなあ、と、昨日までの自分にはあり得ない計画を、ぼんやり考えていました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

東北本線、晴天なり

161203kagamiishi-yabuki9110.jpg
仙台から上野まで、ほぼ「カシオペア」スジで東北本線を南下した土曜日(12/3)の9110レ、初冬の冷たい空気が雲を飛ばしてくれて、随所でほぼ好天に恵まれました。我々は朝イチの「やまびこ」で新白河へ、そこからレンタカーで出撃しましたが、ここまで桜田ド順光、影なし写真が撮れれば、もう満足以外の言葉はありません。

皆さんのブログやツイートを読んでいると、昔の多客臨「津軽」や「八甲田」を想定するならば、黒磯でのED75→PFへのカマ交換があってしかるべきで、81のスルー牽引はおかしい、でも、それを補って余りある素晴らしさが今回のこの列車にはあった、と仰る方が何人もいらっしゃいました。はい、まったくその通り。御召機、晴れ、桜田。蘊蓄なんか吹き飛ばせ(核爆)

しかし、「懐かしの急行列車で行く東京おとな旅」という今回の団体名、「おとな」がひらがななら、もう少し若い世代がターゲットって気がするなあ、と何だか違和感がありました。実は、「おとな旅」と大きく書いたヘッドマーク付いたらどうしようと思っていたのです(笑) 駄菓子、その心配も杞憂に終わり、8181が颯爽と駆け抜けたあと、モニタに目を凝らした同行の友人たちからは、おそらく奇声以上の感動を表現する、低い唸り声が聞こえたのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR